ニュージーランドの天気予報はニュージーランドの気象庁Metserviceをチェック!

スポンサーリンク

旅行中、その日の天気や翌日の天気、気になりますよね。

天気次第でその日何をするかなどなどがいろいろ変わってきます。でも、ニュージーランドで天気予報を知りたいのに、どこで調べたら良いのかイマイチよくわかりませんよね。

最近はスマホに天気予報アプリが付いていますけど、正直ニュージーランドの天気に限っていうと、あまり信憑性がありません。それよりもニュージーランドの気象庁が運営しているウェブサイトMetservice(メットサービス)がお勧めです。

どうしてオススメなのか見ていきましょう。

いろいろな情報が載っている

metservice

まず1つ目のポイントはMetserviceの各都市の天気予報にはさまざまな情報が事細かに載っています。

スポンサーリンク

1ページで

  • 今現在の天気や風速、湿度や気圧
  • 5日・10日予報
  • 日の出と日の入りの時間
  • 向こう48時間の風速、風向きと気温、降水量

そのほか、紫外線の量や花粉の量まで表示されています。これだけで必要な情報はたいてい揃いますね。ところが、この天気予報にはちょっとした弱点があるんです。

%e8%b2%bc%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91%e3%81%9f%e7%94%bb%e5%83%8f_2016_12_04_15_39

この地図はMetserviceのトップページにあるものです。都市名をクリックすると、その土地の詳細な天気予報を知ることができます。

そして、このMetserviceの弱点がこの地図にあるんです。さてなんだと思いますか?答えは写真の下に書くようにしますので、少し考えてからスクロールさせてみてくださいね。

Harbourside Market in Wellington

わかりましたか?それは、ニュージーランドの南島を旅行するとしたら、どこへ行きたいですか?クイーンズタウン?ミルフォード・サウンド?それもありますね。

テカポとか、マウントクックにも行きたくないですか?

スポンサーリンク

でも、上の地図を見てみてください。テカポもマウントクックも地名が載っていません。マウントクックは国立公園として別枠で天気予報があるので、そこをチェックすればOKです。

では、テカポは?というと一応、Southern Lakesという大きなエリアの天気予報があって、そのエリアとしての天気を知ることはできます。

でも、それは日本でいう「東北地方の天気」というのと同じくらい広いエリアの天気予報なので、もう少し具体的ものを知りたくなります。

そんなときに便利なのが”Rain Forecast”です。

Rain Forecastはけっこう便利

Rain Forecast。日本語だと「降水予報」ですね。このRain Forecastがどんなものか実際にMetserviceで使われている図を観てもらうのがわかりやすいと思います。

weatherforcust-01-2

この図は向こう3日間の雨の動きを表したものです。薄い青が一番降水量が少なく、青⇢緑⇢黄色⇢オレンジ⇢赤と雨の量が増えていきます。でも、これだと例えばテカポの天気を知りたくても、テカポが何処かわからないとどうにもなりませんよね。

そこで参考になるのがGoogleマップなどの地図です。

スポンサーリンク

この地図で見てもらうと、テカポの位置はアカロアの西、ダニーデンの北ということがわかります。そこで何となくその2つの地点を結ぶところがテカポなんだなと目星を付けるわけです。

試しに上の降水予報図に「目星」ではなく実際に線を入れてみました。

こう見ると「あー雨に飲まれたー」とか「雨雲が去っていった。ふー」といったことがわかりますね。この画像には日付とか時間はありませんがMetserviceのページにはちゃんと日付と時間が載っています。

これならテカポだけでなく、ニュージーランドのどこにいても天気を知ることができます。

雨の動きもわかるのでプランを練りやすい

降水予想図ならどっちの方向に行けば雨が降らないのか、そんなことがわかります。

またこの降水予想は3日予報のほかにもっと広域で雨の動きがわかる5日予報もありますので、もう少し先の天気を知ることもできます。

スポンサーリンク

これからニュージーランドに来られる方はぜひ、天気予報にMetserviceを使ってみてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS