ニュージーランド南島でマグニチュード7.5の大地震発生

この記事の随時更新は終了しました。

現在、改めて情報をまとめなたら地震の状況を随時更新しています。

以下の内容は2014年11月14日、午後4時くらいまで更新していたものです。


2016年11月14日の深夜0時(ニュージーランド時間)、ニュージーランドの南島でマグニチュード7.5の大地震が発生しました。

この記事では、被害状況などを情報が入り次第アップデートしていきます。

マグニチュード7.5の大地震発生

2016年11月14日の深夜0時(ニュージーランド時間)、ニュージーランドの南島でマグニチュード7.5の大地震が発生しました。当初マグニチュード7.5と発表され、その後6.6に下降修正されましたが、再び1時48分にマグニチュード7.5に上方修正されました。

震源の深さは15kmでした。

震源地は以下の通りです。

観光地や大きな街からのだいたいの距離は以下の通りです。

  • ハンマースプリングスから25km
  • カイコウラから60km
  • クライストチャーチから100km
  • ウェリントンから210km
  • ダニーデンから400km
  • クイーンズタウンから430km
  • ロトルアから570km
  • オークランドから670km

北はオークランド、南はインバーカーギルまで揺れたそうです。

詳しい情報は以下のページに掲載されています。

余震が続いています

アップデート:11月14日13時45分

現在、さらなる大きな余震が続いています。大きなものだと、マグニチュード6.3が13時34分、5.7が13時33分ほかにも昨夜からずっとほぼ1分間隔で揺れが続いています。

アップデート:11月14日10時00分

昨晩の地震の後、震源地周辺ではほぼ1分間隔でマグニチュード4前後の余震が起こっています。11月14日午前10時現在、マグニチュード7.5の地震が起きてからマグニチュード5以上の地震が22回も起こっています。

マグニチュード5から6の余震 … 18回
マグニチュード6以上の余震 … 4回

各地の被害状況

ウェリントンの状況

今回の地震で一番ニュースで取り上げられているのは震源地から210km離れたウェリントンです。

ウェリントンは電車やバスなどの公共機関がストップし、安全が確認されるまで街の中心地(CBDエリア)へ立ち入ることを控えるように指示が出ています。

11月15日は一部を覗いて街の中心地に入れるようになるそうです。

またフェリーターミナルで被害が出たためフェリーが着岸できず、運休となっています。

地震が起こっているときウェリントンの東の空が青白く光っていました。動画がアップされていたので掲載します。

カイコウラの状況

アップデート11月14日午後1時50分

現在カイコウラには上下水道ともいっていないそうです。また高台には地元の人や観光客が集まり、万が一津波が来たときのために備えています。警察の報告では1000人ほどの観光客がカイコウラの街に滞在しているとのこと。

またカイコウラの病院では家族や友人に連絡をとるためのWi-Fiが開放されました。

また電話は不通、さらにカイコウラを含む広域で停電が起こっていますが、徐々に復旧し始めているそうです。

アップデート:11月14日午前10時

震源が近かったカイコウラの詳細情報が今のところ上がってきていません。数件の家が倒壊したという情報があり、うち1軒の倒壊によって1名なくなったそうです。

カイコウラまでの行くためのトンネルが倒壊し、車でたどり着けないため報道が行けないのと、周辺は停電が起こっているためカイコウラにいる人からTwitterやFacebookの投稿が上がってこないからと思われます。

怪我人・死者について

具体的な怪我人の数は今のところ発表されていませんが、死者は2名(1人は心臓発作、もうひとりは倒壊した家の下敷き)という報道がありました。

津波について

アップデート:11月14日15時33分

津波警報が全域でキャンセルされました。

アップデート:11月14日13時57分

2016年11月14日の朝8時に津波警報が出ている地域は縮小されました。一部の地域で2メートル前後の津波が観測されたそうです。その津波による大きな被害はありません。

13時57分現在、津波警報が出ている場所は以下の通りです。

電気について

タラナキ地方(ニュー・プリマスなど)など多くのエリアで停電が起こっています。ブレナム地区は午前3時過ぎまで停電だったという情報が入っています。

水道について

クライストチャーチを中心にしたカンタベリー地方で「水を沸かすように」という指示が出ていましたが、9時40分に解除されました。(情報元

また北島のラグラン(Raglan)地域では水を沸かして飲むよう指示が出ています(情報元

道路の状況について

11月14日10時現在、以下の場所で道路が封鎖されています。

封鎖された道は被害が大きいところが多く、また代わりの道がないため、クライストチャーチ⇔カイコウラ⇔ブレナム・ピクトンのあいだを車で移動するのはしばらくのあいだ難しいかもしれません。

最新状況はNew Zealand Transport Agencyのページをご覧ください。

学校について

北カンタベリーからウェリントンにある学校はすべて休校になり、自宅で待機するよう指示が出ています。

空港について

オークランド空港、ウェリントン空港、クライストチャーチ空港で被害はなく通常通り運行されているとのこと。

 

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS