その電化製品はNZ専用?日本専用?それとも全世界対応?

家にある電化製品がニュージーランド専用か、日本でしか使えないか、それともほとんどの国で使えるのかを見分ける方法があります。

海外生活が長い人や海外旅行をたくさんする人、それと電化製品が好きな人にとっては当たり前の方法なんですけど、意外と知らない人が多いみたいなので、今回紹介したいと思います。

海外旅行のガイドブックなどでは「旅行で持って行った方が良いグッズ」として「変圧器」が載っています。
「海外は電圧が違うから持って行った方が良い」と書いてあるんですけど、変圧器って意外と重いし、値段だって安いものじゃありません。

最初自分もこの「見分ける方法」を知らずに変圧器を海外旅行の時持って行ってましたけど、今では変圧器なんて使っていません。

どうやって見分けるのか。
実はすごく簡単なんです。

見分け方を知る前に

まず「そもそも」という話をしておきます。

日本の電圧は100ボルトです。
そして国によって100ボルトから240ボルトまでさまざまな電圧があります。ニュージーランドはその中でも一番高い240ボルトを採用しています。なので、日本専用の電化製品をこっちで変圧器使わずにコンセントに刺すと、刺した瞬間バチッ!という音がしてたいてい壊れてしまいます。

逆に240ボルト専用の電化製品を日本のコンセントに刺すと無反応です。電圧が足らないので動きません。
聞いた話では,そのまま刺しておくと壊れると聞いたことがありますが試したことはありません。

なのでその国の電圧に対応した電化製品を使わないといけないわけです。

見分け方

見分けるときは、その製品の箱や説明書か、ACアダプタに記載されている「電源」「INPUT」などの項目を探します。

たとえばこの製品。友だちが送ってくれたDVDプレーヤー。

電源:AC 100Vと書いてある。
これは100ボルトのところでしか使えない電化製品。なのでニュージーランドでこの製品をプラグに刺すとボンッ!とご臨終。

では次の製品。なんかわからないけど転がってたACアダプタ。

INPUT 240V。
これは240ボルトのところでしか使えない。つまりそのままでは日本で使えない。

そしてこの製品。日本から買ってきたデジカメ。

INPUT 100-240V。
これはほぼ全世界どこでも使えるってこと。100ボルトから240ボルトまで大丈夫。
この黒い四角い部分で変圧してくれるので日本でもニュージーランドでも、電源の差し込み口の形状だけ変えてあげればいい。

こんな製品はほんとど全世界対応

携帯できるものは実はほとんど全世界対応に今は作られています。
たとえば、ノートパソコン、mp3プレーヤー、デジカメ、PSP、海外でも使える日本の携帯なんかはほぼ間違いありません。

それと世界的規模の会社が作った製品は全世界対応の場合が多い。
例えばアップル。他にはサムスンとか、ソニーとかの製品は携帯できない製品でも全世界で同じパーツにできてコストを落とせるから国ごとに分けたACアダプタにしていないことが多いです。

注意しないといけない製品

世界的な企業の製品でも、その国での仕様だけを想定した製品は電圧が全世界対応になっていない場合があります。
たとえば自分が持っているNintendo DS。これは100V専用でした。あとWiiもダメです。
WiiはDVDと同じで日本のソフトはニュージーランドのWiiで使えないなど、その地域専用に作られています。

Nintendo DSは任天堂以外のメーカーから海外でも使えるようにするACアダプタが出てるので,それを買えばOKです。

やっぱり変圧器が必要な場合は

できるだけ容量が大きなやつを買うことをオススメします。
容量というのは「ワット(W)」もしくは「VA」という単位で書かれています。

変圧器によってこの容量は違いますので、何を使うかによって変圧器も変わってくるってことです。
間違いなくドライヤーとか電子レンジ、大物家電(冷蔵庫とか)は一般的に売られている変圧器では容量が足らずに使えません。

ちなみに上の3枚の写真だと1番上が10W、2番目は記載ナシ…、3枚目は2.3Wです。

Amazonで変圧器を見る

ということで思ったより長い説明になりました。
もしわからない場合は、上の「Contact us」かコメントで質問していただければお答えします。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS