ニュージーランドが歓迎ムード満点な国で3位に!で思うこと

スポンサーリンク

海外旅行者にとって、空港に着いたときや宿泊施設に着いたとき、レストラン、カフェなどの店に入ったときに「歓迎ムード」があるかないかで、その国に対する親しみやすさが大きく変わってきますよね。

ホテルにチェックインしようとして、ムスーっとした顔の受付がいるのと、人懐っこそうに微笑んでいる受付がいるのではイメージが全然違ってきます。

今日はある調査で発表になった「歓迎ムードがある国」のランキングでニュージーランドが堂々の3位に輝いたので、そのことに触れつつ、思うことをアレコレと書いてみました。

歓迎ムードがある国で3位に!

Welcome

InterNationsが行なったExpat Insiderという調査結果によると、ニュージーランドは「歓迎ムードがある Feeling Welcome」という項目で3位に選ばれました。

ちなみにトップ5は以下の通りでした。

  1. マルタ
  2. メキシコ
  3. ニュージーランド
  4. コスタリカ
  5. スペイン

南米のメキシコとコスタリカ、そしてヨーロッパにあるマルタとスペイン、そこに挟まれるようにオセアニアのニュージーランドがポツンとあります。

メキシコとは全然違うフレンドリーさ

今回ランキングされた国の中で行ったことがあるのはメキシコだけでした。
でも、すごく対照的なフレンドリーさだなと思いました。

スポンサーリンク

というのも、メキシコに行くとけっこう向こうからガンガン来ました。「Hola Amigo!」と到るところで声をかけてきます。ちなみにHolaが「Hello」で、「Amigo」は「友だち」という意味ですね。屋台でご飯を食べていたら、食べ方を教えてくれたり、とにかく積極的でした。
中には物を売りたいがために「Hola Amigo!」と声をかけてきて「友だちじゃないし」とイラッとすることもありましたけど(笑

ところがニュージーランド人のフレンドリーさはそんな感じではありません。
もっと控えめです。ある意味、日本人に通じるところがあるのかもしれません。こっちが話かければ親切にしてくれるけど、こちらから話しかけなければ放っておいてくれます。まぁ、中にはめちゃくちゃ話しかけてくる人もいますけど。

なのでグイグイ来るメキシコのフレンドリーな感じが苦手な人でも、ニュージーランド人のフレンドリーさは平気だと思います。

キウィ・ホスピタリティーという「おもてなし」

Loretta in Wellington

ニュージーランドの接客のやり方をKiwi Hospitality(キウィ・ホスピタリティー)といったりします。

どういう接客なのか?を一言で表現するのは難しいんですけど「堅苦しくない人懐っこい接客」という表現が近いかもしれません。お客さんと距離をあまり持たず、友だちと接するような接客をします。

ある意味、すごくカジュアルな接客です。でも、親しみやすい感じがするので旅行者にとっては「歓迎されている感じ」がするのかもしれません。

僕はこの肩肘張らない接客のしかたがすごく好きです。

ただ時々「友だちか!?」っていうくらいカジュアルな接客する人もいますけどね。

笑ったのはあるストーングリル(熱々の石でステーキを焼く店)のレストランで「うちのシステム知ってる?」と聞いてきたことがありました。そこで何となく知ってたけど「知らない」と答えたら、普通に自分の横のソファーに深々と座って説明を始めたんです。

これはさすがに「友だちか?」と思いました。

旅行者にとって歓迎ムードは大切

Newtown festival

余談なんですけど、今回の調査で「フレンドリーさ」と「友だちになりやすいか?」という調査も行なっていて、ニュージーランドは「フレンドリーさ」は8位、そして「友だちになりやすいか?」は17位でした。

歓迎ムードがあるのと「友だちになりやすいかどうか」は別問題なんですね。
逆に上で例にあげたメキシコは「フレンドリーさ」が4位、「友だちになりやすいか?」は1位でした。やっぱりグイグイくるメキシコの人たちと比べると、ニュージーランド人は歓迎ムードはあるけど、どこか奥手だったり、少し壁があったりするのかもしれませんね。

でも、ニュージーランドはいい意味でも悪い意味でも「観光」が大きな収入源になっているので、この「歓迎ムードがある」と評価されたのは良いことなんだと思います。それだけで旅のイメージが大きく変わりますから。

ちなみにこの調査に日本は入っていませんでした。世界80カ国が調査対象で日本は調査されなかったみたいです。もし日本が入っていたら、「歓迎ムード」とかけっこう高い気がしました。でも、ニュージーランドと同じで友だちにはなりにくいのかなぁと思います。皆さんはどう思いますか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS