今年もまだチャンス有り!ニュージーランドで見れる流星群

スポンサーリンク

皆さんは星空好きですか?

「星空大好き!」という人には会いますけど、「星空嫌い」という人にはあまり会ったことがありません。きっと多くの人が、星のことはよく知らないけど、キレイな星を見れたら嬉しいし、流れ星を見れたら相当テンションが上がるのではないでしょうか。

今日は、今年2016年も残すところ後3ヶ月半、まだニュージーランドで流星群を見るチャンスがあると、テカポで星空ガイドをしている友人「角田夏樹」さんが教えてくれたので、その話を紹介します。

とにかく星がキレイに見えるニュージーランド

Nikon D800 Nikon 14-24mm f2.8

いきなり余談から良いですか?

今まで流れ星って見たことありますか?
日本に住んでいるとなかなか目にすることってありませんね。どうしてなのでしょう。

流れ星は日本の空の上でも流れています。でも、それを目にすることがあまりありません。どうしてかというと、夜空が明るくて流れ星が見えにくいからなんですね。それともう一つは空が明るくあまり星が見えないので、夜空を見上げる習慣があまりないのかもしれません。

ちなみにニュージーランドもオークランドの中心地やウェリントンの街なかなど街の明かりが強いところで夜空を見上げると日本よりは星が見えるかもしれないけれど、たいして変わりません。

スポンサーリンク

でも、一歩その街明かりから離れると、そこには満天の星空を見ることができます。僕が住んでいるウェリントンの家も道路に街灯がある場所から少し離れると、そこには天の川が見えます。

そして流星群が来ていない日でもジーっと空を見上げていると流れ星が見えることもあります。田舎に行けば行くほど、街灯から離れれば離れるほど星の数は増えて流れ星が見える可能性は高くなります。

以前、僕が働いていた職場Maruia Springsは南島の信じられないような山奥にありました。最寄りの信号機まで車で2時間。小さなコンビニまで車で45分という秘境中の秘境でした。そこではテカポと負けない星空を見ることができました。

そんなニュージーランドなので、もし流星群が来る日にニュージーランドを旅していたら、絶対にその日は空を見上げましょう。今回、星のことがよくわからなくても、どっちの方角を見たら良いのか?など紹介しますので、興味がある方はこのページをブックマークしておいて、当日探すのに使ってみてください。

2016年ニュージーランドで見れる流星群

stevieeesさん(@stevieees)が投稿した写真

オリオン座流星群

オリオン座流星群のピークは10月20日から22日です。
北東の空、地平線ギリギリのところにオリオン座が顔を出すのは午前1時過ぎです。ニュージーランドのオリオン座は上下逆さまで、そのオリオン座の下の方に流星群は集中します。

ただし、20日21日はほぼ同じタイミングで月が出てきて空が明るくなってしまいます。
角田さん曰く、流星群のピークで言うなら22日は午前1時ころまで月は上がってこないので、その頃までに流星群を見るか、もしくはピークは過ぎても月の影響を受けにくい23日から25日くらいまでがオススメとのことです。

10月20日から22日のカレンダーに「オリオン座流星群!」と書いておきましょう。

流星群ではなく流れ星ならいつでも見れる

実はオリオン座流星群以外にも「ふたご座流星群」が12月14日と15日に来ます。
ただ残念なことにその日は満月、しかも流星群が流れるのと近い場所に満月があるため月明かりの影響を避けるのは難しいそうです。

たった1回のチャンスしかないんだ…と気を落とさないでください。

ニュージーランドで街上がりが来ない暗いところに行けば、流れ星はけっこう見れます。

レンタカーを借りている方なら、日が落ちて暗くなったら車を走らせて開けている暗いところに行ってみてください。30分も空を眺めていたら、1個2個どころではない数の流れ星を見ることができるはずです。

これが星空がキレイなことで有名なテカポだったら。さらに星空観測ツアーで訪れる天文台があるようなところだったら。。。もう一生分の流れ星を見れるかもしれません。

ちなみにニュージーランドは真夏でも夜、特に深夜は冷え込むことがあります。もし「ニュージーランドで星を見るぞ!」と決めている方は、暖かい格好をしていきましょう。冗談抜きで薄手のダウンジャケットとかあってもいいくらいです。

Special Thanks

今回記事を書かせてもらうためにテカポの星空ガイド角田夏樹さんのブログから情報を拝借させてもらいました。もちろん彼の許可は得ています。ありがとうございました!

彼はすごくユーモアがあり、また星の知識がものすごく豊富です。もしテカポに行って星空観測ツアーで彼に当たった場合は「日刊ニュージーランドライフ読みました!」と伝えてあげてください。喜ぶと同時に「あ、面白くしなきゃ!」と頑張ってくれるはずです(笑

また彼は来年、熊野古道で星空観測の会社を立ち上げるそうです。
南半球の星空ネタも交えた星空観測ツアーは、テカポで南半球の夜空を極めた彼だからできるものです。もし興味がある方は彼のブログFacebook
をチェックしてみてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS