車なしでOK!ウェリントンに来たら行っておきたいところ10選&オマケ 前編

スポンサーリンク

ウェリントン在住ということで、「ウェリントンに今度行くんですけど、どこに行けばいいですか?」という質問をいただくことがよくあります。

ガイドブックにはオークランドほどの情報はなく、どこへ行ったら良いのかイマイチわからないそうです。
「だから」と言ってはいけないのかもしれないんですけど、ウェリントンにはあまり日本人観光客が来ないのかもしれません。やっぱり情報はガイドブックから得るのが手っ取り早いですからね。

そこで今日と明日(たぶん明日)の2回に渡ってウェリントンに来たら行っておきたいところをメインで10ヶ所、それと「合わせて行ってみたらどうですか?」というところも入れたら、けっこうな数の観光地を紹介します。本当は今日の1回で全部書こうと思ったんですけど、ボリュームが多すぎたので2回に分けました。

ちなみに全部車がなくても行ける場所だけに的を絞ってあります。

ガイドブック片手に場所を把握しながら、またガイドブックの情報と合わせながらご覧ください。
また細かく行き方まで今回書くと、記事の量が大変なことになってしまうので、場所や行き方は街なか、i-Siteなどでもらえる地図を見たり、i-Siteの人に教えてもらうなどしてください。

その1:Te Papa テパパ博物館

Masa Osadaさん(@masaosada)が投稿した写真

スポンサーリンク

Te Papa、正式名称「Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa」はウェリントンの市街地にある博物館です。オークランド博物館のような重厚な建物ではなく近代的な建物が印象的です。

1つ1つじっくり見たら丸一日かかる広さの博物館は、なんと無料(常設展示のみ)です。

住所:55 Cable St, Te Aro, Wellington 6011
ウェブ:tepapa.govt.nz

ちなみにテパパの裏手は海を一望することができます。ウェリントンの街を満喫するならぜひ訪れておきたいところの1つです。特に日曜日は「Harbourside Market」というマーケットが開催され、屋台がいろいろ出たり音楽を演奏する人がいるなど平日よりも賑わっています。

その2:Mount Victoria マウント ビクトリア

Emily Bruntさん(@embrunt)が投稿した写真

マウント ビクトリアの山頂からはウェリントンの市街を一望することができます。
車があれば、サラッと展望台(Lookout)があるところまで行けるんですけど、歩いて行くこともできます。

Masa Osadaさん(@masaosada)が投稿した写真

僕たち夫婦は初めて一緒にウェリントンに来た時にこの山の上まで歩いて行きました。散歩感覚で登っていくことができます。それと途中でOriental Paradeという通りを歩くことになると思います。ここは「外国」という雰囲気満点なので、Oriental Paradeも抑えておきましょう。

スポンサーリンク

その3:Zealandia ジーランディア

Masa Osadaさん(@masaosada)が投稿した写真

ジーランディアはニュージーランドの固有種をいろいろ保護・飼育している自然保護区です。鳥がたくさんいるので動物園のような、でも森の中なのでさまざまな木々を見ることができるので植物園のようなところでもあります。

鳥のキウィや、上の写真のタカへ、他にもたくさんのニュージーランド固有種の鳥がいます。

街なかからは離れているんですけど、無料送迎バスがi-SiteやTe Papa、ケーブルカーの上の駅から出ているので気兼ねなく行くことができます。

ZEALANDIA Shuttle

ちなみにお値段は大人18.50ドル、子ども5歳以上は10ドルで、当日と翌日の2日間入場することができます。

住所:53 Waiapu Road, Karori, Wellington, New Zealand 6012
ウェブ:visitzealandia.com

その4:Wellington Cable Car ケーブルカー

天気が良かったので買い物ついでに #ウェリントン'の観光名所の1つ #ケーブルカー の頂上まで行ってきました。

ついでにグルッと写真を撮ってみたので、ウェリントンの高台からの眺めを疑似体験してみてください!
スマホなら見たい方向を向ければ、写真の向きも変わるはずです。パソコンの場合はマウスで動かせますよ。

#Wellington #ぐるりNZ #Photo360

Posted by 長田 雅史 on Saturday, August 20, 2016

4番目はケーブルカーです。マウント ビクトリアの山頂から見るウェリントンは街から離れているので、眺めは良いんですけど「街を見る」という意味では細かいところはよくわかりません。ところがケーブルカーで丘の上に上がってみるウェリントンはもっと近くに建物などがよく見えます。

スポンサーリンク

ケーブルカーで丘に上がるとCable Car Museumという小さな博物館&お土産物売り場があります。その昔どうやってケーブルカーが設置されたのかなどを写真で見ることができます。入場は無料です。

住所:280 Lambton Quay, Wellington, 6011
ウェブ:wellingtoncablecar.co.nz

その5:Moore Wilson’s モア ウィルソンズ

Masa Osadaさん(@masaosada)が投稿した写真

今日最後に紹介したいところはスーパーマーケットです。
「最後に紹介するのがスーパーマーケット?」と思わないでくださいね。このスーパーマーケットは「いかにも海外のスーパーマーケット」という雰囲気を堪能できる、個人的には一押しのスポットなんです。

このMoore Wilson’sはウェリントンにしかないスーパーマーケットで、他のPAK’nSAVEやNew Worldと比べて良い食材が置いてあります。ここの魚は鮮度も良いので「刺身で食べれるのある?」と聞くと、どれが刺し身で食べられるか教えてくれます。

他にもウェリントン地区の美味しいパン屋とケーキ屋の商品をここでまとめて買えるのも魅力的です。それとお酒も普通のスーパーマーケットや酒屋では売っていないようなものが置かれているので、お土産選びにピッタリです。

住所:93 Tory St, Te Aro, Wellington
ウェブ:moorewilsons.co.nz

次回に続きます

ということで今日は「その5」まで紹介しました。明日「どうしてもこのニュースを紹介したい!」というニュースが上がってこないかぎり、後編を書きたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS