エコ&発見がいっぱい!ニュージーランドのスーパーの量り売り文化

今日は一時帰国が終わって、ウェリントンのスーパーマーケットに行った時「あ、そういえば日本ではあまり見かけなかった」と思ったスーパーマーケットの「量り売り」について今日はアレコレ書いてみたいと思います。

日本でもその昔、量り売りが当たり前のように行われていましたね。
今でも肉や魚の一部、あとお惣菜とかは量り売りでも、ほとんどの商品は個別包装されて販売されています。

ところがニュージーランドをはじめとした海外では多くの商品が量り売りされているんです。
ニュージーランドの場合、量り売りは一部の限られたスーパーマーケットではなく、ほとんどのスーパーマーケットで当たり前のように行われています。

こんなものが量り売りされています

Banana loose

では、ニュージーランドではどんなものが量り売りされているのでしょう。
まずは「野菜・果物全般」です。個別包装されているものも売っているんですけど、量り売りされているものがほとんどです。

意外なのはバナナや生姜かもしれません。
これらは自分でちぎって好きな量だけ買うことができます。なので6本で1ふさになっているバナナが棚に置いてあっても1本だけちぎって買うのもOKです。

他にもナッツなどをジップロックのような袋に好きな量だけ入れて買う方式もあります。

New World Bulk Foods Section

どんなものが売っているのかというと

  • ナッツ類
  • マカロニなどのつぶつぶしたパスタ
  • コーヒー豆、大豆やひよこ豆などの豆
  • 小麦粉やセモリナ粉など粉
  • 干しぶどうや干しバナナなどドライフルーツ
  • グミやチョコレートなどお菓子

などです。

さて、こんな量り売りシステムなんですけど、こんなところがすごくGoodです。

その1:ゴミが少なくてエコ

個別包装でないぶん、ゴミが少ない。またジップロックのような袋に入れて買う場合、その袋を再利用できるのも良いところ。

日本に帰った時、スーパーで買い物をするととにかくゴミがいっぱい出ました。1個1個が個別包装になっているのって衛星的かもしれないんですけど、過剰なのかなと思うことのほうが多かったです。

お菓子、例えばハッピーターン(大好きです!)とか1つ1つが包装されていて、さらに袋に入っているじゃないですか。そのほうが1つに付いているあの美味しい粉が取れなくていいんですけど食べ終わったあとのゴミを見ると、なんだか考えものです。

その2:食材で無駄が出にくい

例えば「普段レーズンは食べないけど、今日はパウンドケーキを作るのに使いたい」なんてことありますよね。そしてスーパーに行ったら500g入りのレーズンしか売ってなかったりします。

でも、量り売りのレーズンがあれば「100gだけ買う」といったことができます。

他にも、6本セットのバナナを買って、好みの熟し方になるのを待っていたら最後の1−2本はかなり危険な状態になってしまうことありませんか?そんなときは常に3本買って、少ない本数でローテーションさせるなんてこともできます。

個人的にはこの「無駄が少ない」というのはすごく好きなポイントです。そしてそれが結果的に次のGoodなポイントに繋がります。

その3:新しい食材を気軽に試せる

そして3つ目が「新しい食材を気軽に試せる」です。
新しい食材を試してみたいけど、「こんなに買って好きじゃなかったらどうしよう」「不味かったらどうしよう」って思うことありませんか?

でも、好きな量だけ買えるなら「レンズ豆50gだけ」とか「ポレンタ粉(とうもろこしを挽いた粉)を50gだけ」、さらに「ちょっと試してみたい調味料を一握りだけ」といった買い方ができます。

Bulk snack / Fairy Mushrooms

他にも上の写真のような「え?なにこれ…」というお菓子を見つけた時も一袋買ってしまったらひどい目に会う可能性大です。でも、一握り、場合によっては1つだけ買うなんてこともできますね。

イマイチなこと:衛生面はどう?

一つだけ気になるポイントがあります。それは衛生面です。
工場で個別包装されている商品の場合、少なくとも工場から出荷、もしくはお店でパッケージ化されてから、自分の家に来るまでのあいだ直接食材を他人が触ることは基本的にありません。

ところが量り売りの場合、そうとは限りません。

近所のスーパーマーケットでも子どもがお菓子の量り売りを開けて、お菓子を手で触っているのを何度も見ています。中には食べちゃう人もいますけど。また商品補充する人たちは、他の商品を陳列した決してキレイとはお世辞にも言えない手で量り売りの商品を補充します。

あとは賞味期限の記載はなく、しかもいつから売られているものなのかわからないので、アーモンドとかナッツ類は油が悪くなったような味がしないか、ちょっと不安になります。

僕自身、いま改めてそういうことを思っただけで普段はあまり気にしないので、普通に量り売りのものを買いますけど、そういうのがたまらなく嫌な人もいると思います。

好きだけど日本で流行るかは微妙な量り売り

こういう量り売りシステムは良いなと思う反面、日本ではなかなか「どこのスーパーでも見かける」というほど普及することはないんでしょうね。

その昔、量り売りがあって商品管理とかコスト、衛生面を考えていった結果、今のシステムになったわけですから。チェーン店のいわゆる「スーパーマーケット」ではなかなか難しそうです。

できるとしたらこだわりの食材を取り扱っている、小規模で隅々まで目が行き届いている少し値段がお高めのお店くらいかもしれません。

ちなみにこの量り売りコーナーで売っている「わさびピー」と「歌舞伎揚げみたいなお菓子」は一時期ハマってよく食べていました。もし見かけた方は食べてみてください。けっこう和の味がして美味しいですよ。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS