世界でもまだ珍しい缶入りワインをブレナムのワインメーカーが発売!

スポンサーリンク

今日は言われてみればたしかに見かけたことがなかった「缶入り」ワインのお話です。

先日、ニュージーランドの新聞社stuff.co.nzでブレナムのワインメーカーが世界でもまだ珍しい缶入りのワインを発売したことが取り上げられていました。

「缶入りのワイン」ってちょっと興味深くないですか?飲んでみたいような、でも美味しいのかな?と懐疑的になったりしますよね。そこで今日はそんな発売された缶入りワインを紹介したいと思います。

世界でも珍しい缶入りのワインをNZ国内で初生産

Lunch at the Brancott Estate

今回のニュースとたまたま合わせたかのようなタイミングでアメリカのニュースメディアUSA TODAYが「缶入りワイン」の記事を掲載していました。記事で紹介していたのは缶入りワインの動向と、アメリカで缶入りワインを発売するUnion Wineのインタビューでした。

USA TODAYによると缶入りのワインは今までも販売されていましたが、まったく脚光を浴びることはありませんでした。ところがここ数年アメリカ国内で急成長を遂げているそうです。

その成長率は前年比で2.25倍。金額にして15億円の市場とのこと。とはいっても、アメリカのワイン市場で考えると15億円というのは、全体の1%にも満たない生まれたての赤ちゃんのような市場です。
でも、毎年売り上げを着実に、どころか飛躍的に伸ばしています。

そんな缶入りワインがニュージーランドで初めて生産され、市場に出回り始めました。
一番最初に着手し、商品化したのはブレナムのワインメーカー「Misty Cove Wines」です。

スポンサーリンク

canned-wine

彼らが缶入りのワインを発売に踏み切った時着目したところは「そのコンパクトさ」です。
ワインボトル1本をピクニックやハイキングなどに持っていくのはけっこう大変です。瓶の重さはもちろんワイン自体の量もそれなりに多いのでどうしても重くなってしまいます。

ところがアルミで作られた缶は軽く、ボトル1本よりは少ないため気軽に持っていくことができます。

さらにワインをボトル1本、1人、もしくはカップルで購入した場合、1本飲み切れない人たちもいます。その点、缶の場合は量が少ないので飲み切ることができますね。

缶入りのワインって美味しいの?

Vineyard in a glass

ところで僕がまず最初に思ったのは「缶入りのワインって美味しいの?」でした。思うことはみんな同じらしく、USA TODAYの記事でも、Stuff.co.nzの記事でも「味はどうなのか」について言及されていました。

どちらの記事でも口を揃えて書いてあったのは

目隠ししてテイスティングしても味の違いはわからない

とのことでした。

記事によると最近の缶詰技術は進化し、内部にはアルミの風味が内容物に移らないようにするコーティングが施され、さらに真空状態にするので空気による参加も防げるとのことです。つまり詰めた時の状態をそのまま維持できるということです。

今回のstuff.co.nzの記事に対してブレナムのワインメーカーGiesen Winesの醸造責任者はこんな風に答えています。

缶入りワインの市場参入は歓迎です。
最近地ビールメーカーが缶ビールをよく発売しています。地ビールメーカーもワインメーカーと同じように商品の風味を大切にします。それを考えればビールで問題ないのであれば、ワインで缶入りにしても問題ないなずだ

とのことです。

個人的にはこう思う

個人的にはちょっと面白いので飲んでみたいです。
本当は実際に買って飲んでみて記事を書きたかったんですけど、このブレナムで作られているワインは今のところブレナムの酒屋さん数店舗でしか販売されていないので、購入することができませんでした。

気になるのは味ですね。
その昔、瓶のコーラがあって、今になって思うのは「瓶のコーラ」「ペットボトルのコーラ」「缶のコーラ」では、やっぱり瓶のコーラが一番美味しかったように感じます。安売りされているコーラの缶と、ワインの缶では使われている技術も違うでしょうし、比較してはいけないのかもしれませんが、どうしても「缶ってどうなんだろう」と思ってしまいます。

だからこそ自分自身で試してみたいです。
とは言え、素人なので「どっちも同じ…」という残念な結果になりそうなので、ワイン愛好家や専門家が飲み比べた意見なども聞いてみたいです。

もしブレナムに住んでいる方や旅行でブレナムに行って、このワインを飲んだ方がいたら感想などを聞かせてもらえたら嬉しいです!

ちなみに日本でも「バロークス」という缶入りのワインは売られているみたいですね。生産国はオーストラリアです。
Amazon.co.jpや楽天などで購入することができます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS