ロトルア警察がポケモンGOプレーヤーに協力を要請

皆さん先日、ポケモンGOが世界的に話題になりましたね。
普段ポケモンとかやらない人でも「ここまで騒がれるなら」と試してみた人も多いのではないでしょうか。

日本だけにとどまらず、ポケモンGOの評価は賛否両論です。
僕が日本にいてニュースを見た感じでいうと、最初はお祭り騒ぎ、そしてそのあとは歩きスマホや車を運転しながらの”ながらスマホ”が問題視されたり、さまざまな名所や施設で「ポケストップの削除依頼」を出すなどネガティブなものが増えてきたように思えました。

そんな中、Rotorua Daily Post Newsによると、ニュージーランドの北島にある温泉で有名な街ロトルアの警察がポケモンプレーヤーに協力要請を出したそうです。

いったいどういうことなのでしょうか。

ポケモンがリリースされるまで

Rotorua Government Gardens

ロトルア警察によると、ロトルアのガバメントガーデンやポリネシアン・スパ周辺は、街灯が少ないため車上荒しが年々増加していました。

たしかに僕がワーキングホリデーでロトルアにいた当時(2005年2006年)から、暗くなってからガバメントガーデン周辺の人通りが少ないところを歩くのは危ないのと、車上荒しを避けるために車を停めるのは日中のみで夜間は避けたほうが良いと言われていました。

Googleマップで上空から見るとこの辺一体は木が多く死角が多いのがわかると思います。

ポケモンGOがリリースされてから

そんな犯罪の温床になってしまっている夜間のガバメントガーデンやポリネシアン・スパは夜間も警察官が見回りするなど行われていましたが、なかなかそれだけでは防ぎきれませんでした。

そんな折、警察はポケモンGOがリリースされてから、あることに気が付きました。
それはガバメントガーデンやポリネシアン・スパ周辺は、夜中になってもポケモンプレーヤーたちがポケモンを捕まえるためにウロウロしているということでした。

Go Pokeball!

そこで警察は自身のFacebookページを通して、ポケモンGOのプレーヤーたちに一緒に治安を守ってほしいことと、もし何か不審者や不審物を見つけたら警察に連絡して欲しいと協力を要請しました。

警察はインタビューに対して

自分たち以外にも犯罪に注意を払ってくれる人たちがいることは素晴らしいことだ

と述べ、さらにポケモンプレーヤーのAndrewさんは

犯罪に目を光らせるのは人として当然のことです。僕は地域がよくなることをするのは大賛成です。

と語っていました。

警察が協力要請するって面白い

このニュースで面白いなと思ったのは、日本では絶対こういうことは起こらないだろうなということです。

日本の警察は何かあれば規制をすることはあっても、プレーヤーに「犯罪を減らすために協力してください」ということはなかなかありませんよね。

きっと日本の警察がそんなことを言ったら「ポケモンGOのプレーヤーが夜中に公園を歩くことを推奨している」とか「警察がそういったから、夜中に公園を歩いて犯罪に巻き込まれた」といった声がすぐに上がってくるんだろうなと思いました。

僕自身、この警察が要請したことが良いことなのか、それとも悪いことなのかわかりません。ただこの警察の要請が原因で、何か面倒なことに巻き込まれる人がいなければいいなと思います。

皆さんはこのニュースを知ってどう思いましたか?こういった要請に賛同できますか?それともやめた方が良いなと思いましたか?

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS