50日間ニュージーランドを離れ一時帰国して感じた日本

スポンサーリンク

思わぬ出来事で始まった一時帰国、そして過去最長50日もの一時帰国がもうすぐ終わろうとしています。

普段は20日くらい、長くて1ヶ月弱の一時帰国なのでいつもの2倍くらい長く日本に滞在することになりました。
しかも、普段は東京メインで大阪滞在は全体の1/3くらいなのに対して、今回の滞在はほとんど大阪にいて、数日だけ東京にいるというすべてにおいて今までとは違う滞在でした。

そんな滞在のなかで改めて感じた日本のことをアレコレ書いてみたいと思います。

その前に。余談を1つ。
明日から移動日のため、数日のあいだ日刊ニュージーランドライフの更新はできないかもしれません。ご了承ください。

改めて季節が反対なのを実感

Church of the Good Shepard

今までの滞在はほぼすべて10月くらいの滞在でした。
なので、日本は秋、ニュージーランドは春なので気温差がほとんどありませんでした。これは敢えてそうしていたからです。

ところが日本とニュージーランドの天気予報を見ていると「やっぱり季節が反対なんだな」と実感しました。

というのも今回、日本は真夏。大阪は毎日34度35度、暑い日や街なかの熱がこもるようなところでは36度37度になっていました。ほとんど雨が降ることもなく、とにかく暑い日々を過ごしました。

スポンサーリンク

一方ニュージーランドは真冬。ウェリントンは比較的気温が下がらないんですけど、それでも10度前後、寒い日は6度くらいまで落ちていたそうです。

つまり気温差が30度くらいあるんですね。
昔から夏の暑さは苦手だったので、この猛暑はかなり堪えています。今年の個人的な流行語大賞は「暑い」になりそうです。

鮮魚をいつでも食べれるってステキ

夜食にお刺身

今回の一時帰国で外食はもちろん、家でもどれだけ寿司・刺身を食べたかわかりません。

日本ってホントすごいですよね。この暑い夏でも新鮮な魚が簡単に買えるんです。
ニュージーランド、ウェリントンで「生食」できる魚を買える場所は限られています。僕が知っているのは2-3箇所しかありません。

もともと魚を生で食べる習慣があまりなく、流通システムもそのために作られていないから、しょうがないんですけど、ニュージーランドでももっと手軽に刺身を食べれたら良いのにと思いました。

外食の質が良すぎる&お手頃すぎる

日本の外食はどうしてこんなに安くて質が良いんでしょうね。

スーパーのお弁当とか350円くらいで、すごいボリュームでそれなりに美味しいものを食べます。ウェリントンで4-5ドルで食べれるものといったら、マフィンとかスコーンを1つくらいです。それだってシンプルなものしか食べることができません。

それにパンを食べても、イタリアンとか中華とかも1000円、1500円も出したら相当美味しい物が食べれます。ホント素晴らしいです。

もちろん高いお店もありますけどね。その超低価格な食べ物から手が出せないくらいの高級なものまであるってスゴいです。

コンビニ・ネットショップはスゴい

DSC08178c

コンビニってこんなにたくさんあったっけ?と今回すごく思いました。
東京の滞在先では駅から滞在先まで徒歩5分。そのあいだにコンビニが4つもありました。さらにスーパーも薬局もありました。車で走っていてもあちこち点在していて、こんなにあるのにどうやって各店舗は利益を出しているんだろう?と不思議なくらいです。

でもちょっと何かを買ったり、ATMでお金を下ろしたりとにかく便利でした。

そしてAmazon.co.jpでも、どれだけ物を買ったことか。
店で買おうと思って、その前にアマゾンで値段を調べるとけっこうアマゾンのほうが安かったりするので、そういうものはアマゾンで買うことが多かったです。それと重たいもの、かさばるものはアマゾンで買いました。

翌日、遅くても翌々日には届くことが多いし、それになにより炎天下の中、娘と移動していると荷物が多いと大変なので、自宅で受け取れるアマゾンほど重宝するものはありません。

ニュージーランドもネットショップが普及して、流通がもっとスピーディーになれば良いのに…と思いつつ、日本と同じものを求めるのはナンセンスなのと、現実的にきっと無理なんだろうなとすでに諦めているんですけどね。

夜でも空が明るい

Dotonbori_1

日本の空ってホント明るいですね。星が数えられるくらいしかありません。
空気が汚れているのもあるのかもしれないんですけど、やっぱり街頭の明るさでしょうね。

大阪の家はマンションで、夜になると娘を寝かしつけるためにマンションの渡り廊下(?)をウロウロすることがよくありました。すると、繁華街の方角は空が明るかったです。さらにゴルフの打ちっぱなし場の明かりや、国道の左右にあるお店と車のライトなどなど、とにかく明るいです。

都市部で生活している人は「天の川を見たことがない」という人も多いですよね。僕自身ニュージーランドに渡るまで見たことがありませんでした。

その点、ニュージーランドはオークランドやウェリントンの街の中心地を除けば、たいていのところで星がキレイに見えます。天の川は当たり前のように見ることができます。

他にも思うことはいっぱいありました

他にも、街で見かける車がニュージーランドで走っている車よりずっと新しいものばかりだったり、公共交通機関が時刻通りに動く素晴らしさとか、過剰包装でゴミがものすごく出ること、などなど書ききれないほどいろいろ思うことがありました。

今回の一時帰国で改めて日本の良いところ・悪いところ、ニュージーランドの良いところ・悪いところを発見できた気がします。

海外に住んでいる人のなかには、日本が嫌いになって海外に出た人もいます。あとは外国が優れていて、日本は劣っているという人もいます。でも僕自身は、昔から日本が好きです。今でも好きです。でも、ニュージーランドもそれと同じくらい好きです。

どっちも一長一短です。いいとこ取りはできません。

こうやって日本に帰ってきて2つの国の良いところ悪いところを見直すことができたのは良いことだと思っています。

そういう意味でも海外旅行や海外生活を体験するのはいいことなのかもしれませんね。

ということで、もうすぐニュージーランド、ウェリントンに戻ります。今は早くニュージーランドに帰りたくてしょうがありません。きっと最初の数日、1週間くらいは疲れを抜くためにダラーーーーっとした生活を送ることになります。あと気温差で風邪を引かないように注意します。

日本に住んでいる皆さんはこれからまだまだ暑くなると思いますけど、体を壊さないようにしてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS