今年の年末年始はNZへ!関西発オークランド直行の航空券が安い!

スポンサーリンク

梅雨まっただ中、そろそろお盆の予定を決めたりする方も多いのではないでしょうか。そんなときに年末年始のことを考えるのは、先すぎるかもしれないんですけど、ニュージーランド航空が年末年始に向けたセールを開催していますよ!

今からなら「年末年始はニュージーランドで、お盆は質素に」とか、長期的にお財布と長期的な相談もできると思うので、値段のチェックだけでもしておきましょう。

関西発オークランド直行便が復活!

大阪 道頓堀

このサイトを運営していると、よく聞くのが「成田以外からも直行便があったら良いのに」という声です。

我が家は実家が大阪と東京なので、ウェリントン→オークランド→成田→大阪のルートで飛ぶと、けっこう大変です。そのため「大阪直行便があったら良いのに」と何度思ったかわかりません。

そんななか、ニュージーランドでもっとも気持ちがいい季節の2016年11月から2017年3月にかけて「関西国際空港⇔オークランド国際空港」の直行便が運行されることになりました。

大阪以外の人もけっこう嬉しいお知らせ

オアシス21とテレビ塔 Oasis 21 & Nagoya TV Tower

「なーんだ、大阪だけか。名古屋からの直行便はないんだ」とガッカリする方がいるかもしれません。

スポンサーリンク

でも考え方によってはこの期間は「大阪経由」「成田経由」という2つの選択肢を選べることになるので、日程を見て都合が良いほうを選ぶことができるわけです。

大阪発の場合、大阪を出るのが夜の9時、到着するのが翌朝11時半。そして東京発の場合、東京を出るのは夜の6時半、オークランドに到着するのは翌朝の9時です。

つまり夜6時半に東京を経由して行くよりも、夜9時に大阪を経由して行くほうが都合のいい人もいるかもしれません。そういう選択肢ができるのはありがたい限りです。これはオークランドから帰ってくる時も同じことがいえます。

しかも機体は最新の機体ボーイング787-9

しかも機体は最新の機体ボーイング787−9です。
ボーイング787-9に乗った感想は前回の一時帰国のときに書いているので興味がある方はその記事をご覧ください。良さを簡単にまとめると

  • ゴー!という音が減った
  • 寒さが相当減った
  • 機内の気圧調整が良くなって耳の違和感が減った
  • 機上特有のお腹が張る(ガスが溜まる感じ)が相当軽減された
  • 上の理由で食事がかなり美味しく感じた
  • 機内エンターテイメントがすごく良い

それ以外にもいろいろ書いていますので、詳細が気になる方は以下の記事をご覧ください。

ニュージーランド航空の新機体787-9の感想

気になるお値段はおいくら?

気になるのは値段ですよね。
通常、大阪発の場合「大阪→成田→オークランド」と成田を経由して飛ぶので、日本国内で航空運賃が1万円かかります。現在「成田⇔オークランド」の正規価格は114,000円、それに「大阪⇔成田」が10,000円かかるので合計124,000円はかかるということです。

そして今日から行なっているセールの価格は「98,000円から」です。124,000円から考えると「20%引き」になります。

直行便は移動時間が一気に短くなる

ちなみに「大阪→成田→オークランド」の順番で移動した場合、大阪で搭乗してからオークランドで飛行機が到着するまで「15時間」くらいかかります。

ところが「大阪→オークランド」の直行便の場合、「10時間半」です。つまり移動時間が「2/3」に抑えられるわけですね。この「5時間弱の違い」は「大阪→成田」への移動はもちろんなんですけど、空港の待ち時間が3時間あります。3時間成田空港で待ちぼうけも退屈です。

それなら「大阪→オークランド」の直行便を選ばない手はありません。

11月から3月は夏です!

Mt Maunganui

冒頭でも書いたとおり、今からなら「お盆は予定をアレコレ入れずに質素に」、その代わり「年末年始は真夏のニュージーランドに遊びに行く」など調整できると思います。

しかも季節は逆です。日本の一番寒い時期に真夏のニュージーランドに来て遊ぶなんてなんだかすごく贅沢な感じがしませんか?

セールは7月末まで行なっています。まだまだ日程には余裕があると思うんですけど、まずは1回ニュージーランド航空のウェブサイトを訪れて「この辺なら行けるかな」という日程の料金をチェックしたり、最安値の98,000円がいつ頃買えるのかチェックしてみてください。

それを踏まえて職場や家族内の根回しをしてみることをお勧めします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS