ニュージーランド国歌God Defend New Zealandのマオリ語版はどんな意味?

スポンサーリンク

ニュージーランドは世界でも珍しい国歌が2つある国です。
1つはGod Save the Queen、そしてもう1つが今回紹介するGod Defend New Zealandです。

このGod Defend New Zealandは英語とマオリ語で歌詞が書かれていて、オールブラックスの試合など公式の場でよく前半がマオリ語、後半が英語で歌われています。

ところでこのマオリ語の歌詞。いったいどんな内容の歌を歌っているのでしょうか?

今日はそんなお話です。

まずは歌をお聞きください

どんな曲かパッと思い出せない方もいると思うので、まずは曲をお聞きください。

動画を見ると「あーこの歌か」となる人も多いと思います。そうです。この歌です。

ちなみにこの国歌を歌っている女性はHayley Westenraといって、クライストチャーチ出身の歌手です。日本でもCDをたくさん出しているので知っている方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

アルバムはAmazon.co.jpはもちろん、iTunesなどでも買うことができます。

そんな余談はさておきこの歌のマオリ語はなんと歌っているのかというと、こんなことを言っています。

E Ihowa Atua,
O nga iwi matou ra
Ata whakarongona
Me aroha noa

Kia hua ko te pai
Kia tau to atawhai
Manaakitia mai
Aotearoa

マオリ語は「wh」を「f」と同じ読み方にする以外、ローマ字読みとほぼ同じなので読むのが簡単です。なので日本人はよく「あなたのマオリ語、ネイティブみたい」と褒められるほどです。

では、歌詞がどんなことを言っているのかというと

E Ihowa Atua,
O nga iwi matou ra
おお主よ、この国の、そして我々の神よ

Ata whakarongona
Me aroha noa
Kia hua ko te pai
我らに耳を傾け、慈しみたまえ。栄えさせたまえ。

Kia tau to atawhai
Manaakitia mai
Aotearoa
(神の)祝福を溢れさせニュージーランドを守りたまえ。

このような歌詞になっています。
聖書のような言い回しが使われていて、その訳を聖書風に上手にできていないんですけど、意味はだいたいこんな感じです。

ちなみに英語の歌詞はこんなふうになっています。

God of Nations at Thy feet
In the bonds of love we meet
Hear our voices we entreat
God defend our Free land
Guard Pacific’s triple star
From the shafts of strife and war
Make her praises heard afar
God defend New Zealand

この文章の和訳は以下のようなものを見かけます。

神の下に築かれし国家
愛の絆の中、我らは出会う
我らの声を聞きとどけよ、我らは願う
神よ我らが自由の国を守り給え
太平洋に輝く三つ星を
敵の矢と戦乱から守り給え
遠く、彼女に賛美の声を届けん
神よニュージーランドを守り給え

僕が聖書と縁がないからでしょうか。意味がわかるようなわからないような…という感じでした。

何度も聞いたら耳から離れません

この記事を書くために何度も国歌を聞いたので耳から曲が離れません!

マオリ語の歌詞は発音も簡単で歌詞を見ながらだと歌いやすいんですけど、マオリ語の知識がないと呪文のような感じなのでいつまで経っても全く覚えられません(笑 なので、いつも歌うときはフワフワっと謳って、最後のAotearoaだけわかるので、そこだけ自信を持って歌っています。

でも、今回の記事を気にもう少し覚えられたら良いなと思います。皆さんも是非覚えて歌えるようになってくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS