まるで星空!土ボタルが光輝くワイトモケーブで撮られた写真たち

スポンサーリンク

僕のなかでニュージーランドに来たらぜひ訪れて欲しい観光地が幾つもあります。

1つは以前紹介したテカポ湖とプカキ湖です。ここの水の色と景色は一度見たら忘れることができません。他にもフランツジョセフなどで見られる氷河、ロトルアのワイオタプの地熱地帯で見ることができる摩訶不思議な温泉も外せません。

その他にもいろいろあるんですけど、ワイトモケーブも忘れてはならないオススメの観光地です。

ワイトモケーブといえば、あの映画の舞台に

天空の城ラピュタ」という映画、観たことありますか?
今から30年も前の1986年に公開された宮﨑駿監督の映画です。

160526-155945

この映画のなかで主人公のパズーとシータが洞窟の中で、洞窟全体が満天の星を散りばめたように光るのを目撃するシーンがあります。そのシーンのアイディアはニュージーランドのワイトモケーブから得たのでは?なんていう話があるそうです。

この洞窟をオークランド在住の写真家Shaun Jeffersが撮影し、インスタグラムや自身のウェブサイトにアップしているんですけど息を呑むような写真ばかりです。

スポンサーリンク

まずはこんな入口から入っていきます。
ツアーではこういったアドベンチャー感満点な降り方もあれば、もっと初心者向けで普通に洞窟の中に歩いて入っていくものもあります。

僕はワイトモケーブは2回ほど行っていますが、どちらも初心者向けの普通に歩いて入っていくコースを選びました。

ところでどうしてワイトモケーブの中は光るのでしょうか。
それは洞窟の中に土ボタル(glowworm)が生息しているからです。土ボタルは自らの身体を光らせて、そこに集まってくる虫を食べて栄養にしています。

写真右上の方にポツンと人がいます。人がこのくらい小さくなるまで潜ったということです。怖いですね…

洞窟の探検はウェットスーツを来てゴムチューブとともに奥へ奥へと進んでいきます。ゴムチューブは洞窟内で移動手段として船のように使われ、これがまた楽しいんです。

そして奥に入って行きます。すると自然光は一切入らなくなるので土ボタルの光が徐々に見えてきます。

一切光が届かなくなると、頭上には星空が広がっています。別の写真も見てみましょう。

オークランドからの日帰りツアーもあります

ワイトモケーブはオークランドから車で約3時間のところにあります。
レンタカーを借りて、他のところを見ながら行くのをオススメしますが、もし海外であまり運転するのは気乗りしない場合はオークランドから出ている日帰りツアーを利用するのもオススメです。

中には途中でロトルアに立ち寄ったり、ロード・オブ・ザ・リングやホビットでホビットが住んでいた村ホビットンにも訪れられるツアーもあるので、そういったツアーを利用してみてもいいかもしれませんね。

予約はiSite(インフォーメーションセンター)でもできますし、インターネットで”Waitomo Caves tour from Auckland”などと入れて検索するか、日本語のツアーが良い場合は日本語で「ワイトモケーブ ツアー オークランドから」などのキーワードで探してみると良いですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS