写真で見るニュージー旅 (1):ウェリントン→クイーンズタウン

スポンサーリンク

先日行って来たクイーンズタウン→テカポ→クライストチャーチ3泊4日の旅を写真とともに数回に渡ってアレコレ紹介したいと思います。

まず最初の話はウェリントンを飛び立ってクイーンズタウンを離れるまでを写真15枚とともにご覧ください。

久しぶりの旅行。ところが天気は大雨

Raining at Wellington Airport

今回の旅行。一時帰国を除いたらものすごく久しぶりの旅行でした。
ところが天気は大雨。後日旅行から帰ってからわかったことなんですけど、旅のあいだウェリントンはあまりにも天気が荒れすぎて一部の地域で長時間に渡って停電していたそうです。しかも、その一部の地域が以前住んでいた地域と知って驚きました。

Wellington Airport | Smaug the great dragon

ウェリントン空港といえば、ホビットやロード・オブ・ザ・リングのキャラクターが飾られていることで有名ですね。
これはホビットに出てきた竜スマウグです。普段は目をつぶっていて時々目を開けます。これらはすべてロード・オブ・ザ・リングやホビットを制作したウェタスタジオが制作したので、かなり忠実に再現されています。

Wellington Airport

ウェリントン空港は改装のまっただ中。
そのせいで思わぬ大回りをしなければならなかったり、工事中のところが多かったりで使い勝手はイマイチでした。

スポンサーリンク

Air New Zealand Wellington to Queenstown

大雨の中のフライト。途中青い空を見ることが出来たものの道中はほとんど曇天。天気予報を見てわかっていたものの、やっぱり旅行中は晴れが良いですね。

機内でクッキータイムの新しい味を食す

Air New Zealand Cookie TImes

機内で配られたクッキータイムは今まで食べたことがない味「ホーキーポーキーとホワイトチョコレート」でした。

Air New Zealand Cookie Times 2

新しい味は「なんで今までなかったんだろう?」と思えるほど、すごく美味しかったです。
アイスクリームのホーキーポーキーと同じでキャラメルのようなものが入っていて、ホワイトチョコレートの甘みといい感じにマッチしていました。

ちなみにこの「ホーキーポーキーとホワイトチョコレート」はスーパーなどで見たことがなく、クッキータイムのショップでしか買うことができないそうです。最近ニュージーランドを訪れた人、しかもニュージーランド航空に乗って食べたか、ショップを訪れた人しかまだ食べたことがない味なので、お土産に良いかもしれませんね。

クイーンズタウン空港はキレイ&活気があって良い!

Queenstown Airport 1

クイーンズタウン空港も予定通りの雨でした。でも、その鬱蒼と垂れ込めた雲が幻想的で素敵だったりします。
ちなみにクイーンズタウンは今回で3回目なんですけど、今まで車で旅行をしていたので初めてでした。

Queenstown Airport 2

空港は平日にも関わらず、沢山の人がいてどのカフェも賑わっていました。
お店も可愛いところが多いし、空港全体に活気があるし、一気にお気に入りの空港に。

レンタカー屋で多国籍を感じる

Apex Rental Car Queenstown 1

今回、Apexというレンタカー屋を利用しました。
我が家ではもう何年も前から「レンタカーを借りるとApex」です。「絶対Apex」と決めているわけではないんですけど、毎回借りるときに他のレンタカー屋と値段を比較すると、「やっぱりApexだね」ということになります。Apexは値段がすごくリーズナブルなわりに車はキレイなのでお勧めします。

受付カウンターの横には「左側を走ること」「シートベルトをすること」といったニュージーランドの基本的な交通ルールが書かれたポスターが貼ってありました。

Apex Rental Car Queenstown 2

そしてカウンターの上には英語を含んで11の言葉で書かれた交通ルールの小冊子がありました。この小冊子はNew Zealand Transport Agency(ニュージーランドの運輸省)が作ったもので、もちろん日本語も6ページに渡ってあります。

何年か前にレンタカーを借りた時にはこういう小冊子はありませんでした。
きっとここ数年、外国人観光客の交通事故が多かったり、マナーの悪い人たちが目立って新聞やニュースで報じられていたので、以前よりも力を入れて対策を打っているんでしょうね。

絵に描いたような曇天なクイーンズタウン

Queenstown iSite

街に着いたらとにかく曇天です。時々激しく雨も降っていたので、乳母車を押しながら観光をしている僕たち夫婦にとって最悪のコンディションでした。

Queenstown Lake Front

湖もドヨーンとしています。まぁ、これはこれで幻想的といえば幻想的なんですけどね。

Mall Street, Queenstown 1

街なかのMall Street。なにげに街の中心地は店の軒先に屋根があるところが多いので、雨が激しく降ってきたら軒先に逃げこむことができます。

Mall Street, Queenstown 2

クイーンズタウンの街はウェリントンと違って観光客が本当に多いです。
アジア人はもちろん、アメリカ人もけっこう多くてビックリしました。スーパーマーケットやカフェ、飲食店でもけっこうアメリカ人が働いているので、街なかで聞こえてくる英語がオークランドやウェリントン、クライストチャーチとは少し違っています。

ニュージーランドのお菓子といえばクッキータイム

Cookie Times, outside

クイーンズタウンにはクッキータイムのショップCookie Barがあります。
上でも紹介したホーキーポーキー味などスーパーマーケットでは売ってないものや、Tシャツなどグッズも売っているので要チェックです。

Cookie Times, inside

店内はこんな感じです。原宿にあるクッキータイムのお店に行ったことがある方だと「似てる」と思うかもしれません。実際のところすごく似ていました。

FergBurger, Queenstown

そして晩ごはんは昨日紹介したFergBurger、そして朝ごはんはFergBurkgerの姉妹店FergBakerで絶品のパイをいただきました。このふたつについてはもう少し詳しく記事にしていますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

クイーンズタウンのB級グルメの定番!あのFergBurgerを食す

まだまだ南島旅行の話は続きます

旅シリーズはゆるい感じでまだまだ続きます。
次回はクイーンズタウンを離れて、テカポまでのお話です。

他の話を読んでみたい方は以下のリンクからご覧ください。

ニュージーランド南島旅行 2016年5月の別の話を読む

今ならクイーンズタウンまでの運賃が最大4.5万円も割引に

こんな「クイーンズタウン→クライストチャーチをめぐる旅行記」を書いている最中にニュージーランド航空が成田⇔オークランドで最大15,000円引き、そして他の都市への運賃が無料になるというセールを開始しました!

この場合、クイーンズタウンやダニーデンへ行くと最大で4.5万円もお得になります。詳しくはニュージーランド航空のウェブサイトをご覧ください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS