海が見える家には癒やし効果があることが判明(カンタベリー大学)

スポンサーリンク

皆さんは「海が見える家」と「公園や森が見える家」だったらどちらに住みたいですか?

今日はちょっと興味深い調査結果を紹介します。
その調査というのは、ニュージーランドのカンタベリー大学とアメリカのミシガン州大学の学生が共同で行ない発表したもので、「海が見える家には癒やし効果がある」そうです。

いったいどういうことなんでしょうか。

海が見える方が好き?森や公園が見える方が好き?

先日、Health & Placeという専門誌に、ニュージーランドのカンタベリー大学とアメリカのミシガン州大学の生徒が行った調査結果が掲載されました。

その調査というのは「海や浜辺が見える家に住む人」と「公園や森が見える人」でどちらが精神的に良い状態でいられるか、つまりどちらの家に癒やし効果があるのかを調べました。

スポンサーリンク

調査はニュージーランドの首都ウェリントンで行われました。どうしてウェリントンが選ばれたのかというと、都会でありながらタスマン海や太平洋を見ることができ、さらに山や森を見ることができる環境が調査に適していたからです。

調査では対象となって人々の年収や年齢、性別などが考慮され、地域の地形ごとに調査対象となった人たちの精神や情緒の安定度合いを調べました。

その結果、「海や浜辺が見える家に住む人」のほうがいい結果を出し、「森や公園が見える家に住む人」は海も森も見えない家に住む人と変わらない結果が出ました。

つまり「海や浜辺が見える家には癒やし効果がある」ということがわかったわけです。

調べの中でどうしてそういった効果があるのかについては、残念ながら触れていませんでした。
今後、より深い理解を得るために「湾」や「湖」の場合はどうなのかなど調べて、今後も都市計画にも役立てていきたいとのことでした。

ウェリントンでは海が見える家は人気が高い

ウェリントンに越してきた2年半前、そして娘が生まれるのにあたって引っ越しをすることにした1年半前に合計70軒くらいの家を見て回りました。

その中でわかったのは、ウェリントンでは海が見える家はすごく人気が高いです。
高台で海を一望できる家ともなると、そんなに良い家でなくても家賃はそれなりに高く、その上、その家を借りたいという人もすごく多くとにかく倍率が高かったです。

セール開催中!!

ニュージーランド航空が9月14日から9月25日まで「Spring Sale」を開催してますよ! 今回のセールの最安値は8.9万円。さらにプレミアム・エコノミーも安くなっています!

渡航期間は10月5日から12月13日までです。年内にニュージーランドへ行きたい人は必見です!

詳しい情報は「Springs Saleの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

また海が近いエリアは全体的に家賃が高めで人気でした。

もちろん住んでいる人は「海が見える家に癒やしの効果がある」なんて知らずに住んでいるんでしょうけど、やっぱり普段の生活の中で海が見えるというのは格別なものなんだと思います。

ちなみに我が家は遠くの方にチラッと小さく海が見える程度なんですけど、それでも家探しをしていた時「海が見えるって良いな」とすぐに気に入りました。

ウェリントンは活断層の真上にある街なので、大きな地震があったときの津波を考えると、海辺は少し怖いなと思いつつ、いつか海がもっと近くに見える家に引っ越してみたいなと思ったりもしています。

なんだか余談が長くなってしまいましたけど、「海が見える家」には癒やし効果があるそうです。家探しのときの参考にしてみてくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS