海外版キラキラネーム?2015年にNZで却下された新生児の名前一覧

スポンサーリンク

日本では数年前から「宝冠」と書いて「てぃあら」と読んだり、「王子」と書いて「キング」と読んだりする名前をキラキラネームとかDQNネームと言ったりしますね。

ニュージーランドにもキラキラネームのような突飛な名前があり、名前を国に申請するときに年間数十人が「その名前は許可できない」と却下になっています。先日、2015年に却下になった名前をニュージーランドの総務省にあたるDepartment of Internal Affairsが発表しました。

そこでどんな名前が却下になったのか紹介していきたいと思います。

ニュージーランドで付けてはいけない名前

DSCF3506

ニュージーランドでは子どもが生まれると日本と同じで国に名前の申請をしなければなりません。
その名前はすべてが受け入れられるわけではありません。毎年約6万人の子どもが生まれ、そのうち0.1%にも観たない数十人の名前が却下されています。

国としては「この名前はダメ」というリストがあるわけではなく、一定の基準をクリアしている必要があります。
具体的には以下の様な基準があります。

  1. JusticeやKingといった敬称や、それに似た綴りの名前
  2. 誰かを傷つけたり、誰かに傷つけられそうな名前
  3. 苗字+ミドルネーム+名前の合計が99文字まで

2番は宗教的なものや猥褻なもの、@などの記号など幅広く解釈されています。

ニュージーランドでは1995年から名付けに関してのルールが制定され、2001年から2013年までのあいだで一番却下された名前はJustice(正義の女神・正義・公正)でした。

スポンサーリンク

そして去年2015年に却下された名前の一覧が以下のとおりです。(多い順に並んでいます)

  • Messiah メシア・救世主・キリスト
  • King 王様・君主
  • Prince 王子・プリンス
  • Royale 王族などのRoyalの綴り違い
  • Bishop カトリック教の司教
  • Princess 王女・プリンセス
  • Empress 女帝・皇后
  • / スラッシュ
  • () カッコ
  • Sir 英国の騎士・あなた・だんな
  • Royahl 王族などのRoyalの綴り違い
  • Rogue 悪者・横暴な
  • Knight 騎士
  • Justyce 正義の女神・正義・公正などのJusticeの綴り違い
  • Lord 高位の貴族・〜卿、閣下
  • Regal 王の
  • Suprintedent
  • Royaal 王族などのRoyalの綴り違い
  • Commdore 准将・代将
  • Justice 正義の女神・正義・公正
  • Chief 最高位の・責任者・長官
  • Sarjant 軍曹のSergeantの綴り違い
  • Impryss 感銘とか影響のimpressの綴り違い
  • Christ キリスト
  • Queen 女王
  • MMMR

一番多かったのはMessiah(メシア・救世主)でした。他にも王子や王様、王女など階級に関する名前が多い事がわかりますね。

Gardens Sunrise

総務省の担当者はインタビューで

両親が子どもをどう呼ぶのかは自由です。ただしパスポートや免許など公的なもので使われる名前は国が定めた規定に準拠しなければなりません。

と答えていました。

ちなみに名前をつける時、Kingを名前にすることはできなくてもミドルネームとしては使えたり、「/ スラッシュ」や「\ \」は記号ではなく「slash」「backslash」とすれば名前にすることができます。また却下されても裁判所に異議を申し立てることもできますが、過去に意義を申し立てた人はいないそうです。

多くの人がその規則を知らず、ただ純粋にカッコいいと思って名前を付けたり、その名前が子どもが将来誰かを傷つけたり、逆に傷つけられる可能性を考えていないで名付けようとしている親が多いそうです。

日本とは違ったキラキラネーム問題

日本人の名前は漢字とその読み、それとその言葉自体の良し悪しといろいろ入り組んでいるので、キラキラネーム問題は相当根が深そうですよね。その点、ニュージーランドの場合はもっとシンプルといえばシンプルかもしれません。

ただしニュージーランドは多国籍な国なので、Department of Internal Affairs(総務省)の人たちが気づかないで承認してしまった名前もきっといろいろあるんでしょうね。例えば「Christ」はダメでも「Kirisuto」はたぶんOKなんだと思います。

また記号を名前にしようとするのは日本ではなさそうですね。

情報元

First it was Justice, now it's Messiah: The rejected New Zealand baby names of 2015 | Stuff.co.nz

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS