え!?とビックリなお釣りの渡し方 in ニュージーランド

スポンサーリンク

先日「ニュージーランドに行ってビックリしたこと40選」という記事を紹介しました。

今日はその中に「お釣りの渡し方が足し算方式」という「知ってる人ならわかるけど、知らない人だと何のことだかさっぱりわからない」ものがありました。

そこで今回はその「お釣りの渡し方」を紹介したいと思います。

皆さんご存知日本のお釣りの渡し方

日本に住んでいるとお釣りの渡し方はそんなにバリエーションありませんね。

かなり丁寧な店員さんなら、2,500円のものを買って1万円札を出した場合、「では7,500円のお釣りになります」とお釣りの総額を知らせたあとで「お先に大きい方が7,000円」と言いながらお札を渡して、続けて小銭を500円渡してくれますね。

もちろん雑な店員さんはお釣りをトレイにバシャッ!と置いておしまいなんですけどね。

スポンサーリンク

ところで個人的にお釣りを渡すとき、手に触れてきたり、逆に手に触れないことを意識しすぎて、妙に高いところからポトンと落とす店員さんは嫌です。

ニュージーランドのお釣りの渡し方

Pak'nSave

ところがニュージーランドの場合、15ドル50セントの商品を買うのに100ドル札で支払うとこんな渡し方が少し違います。

日本なら「84ドル50セントのお返しです」と言うんでしょうけど、ニュージーランドではそれすら言わないことがあります。

ではどう言ってくるのかというと。

50セントをこっちに渡して「16ドル」
そのあと2ドル硬貨を2枚渡しながら「20ドル」、さらに20ドル札を4枚渡しながら「100ドル」と言ってくるんです。

お釣りの金額を言ってくると構えていて、全然違う金額、しかも16ドルという訳のわからない金額を言われ、そのあとに20ドル、100ドルと金額が増えていくので、どこか煙に巻かれたような、ちょっと騙されているんじゃないかと大混乱になります。

暗算いらずで意外と便利!?

このお釣りの渡し方。カナダでも同じことをされたので、ニュージーランドに限らず海外ではわりと一般的なのかもしれません。

スポンサーリンク

自分たち日本人はあまり馴染みがないので戸惑うんですけど、このお釣りの渡し方なら暗算する必要がないので、お釣りの渡し間違いは少なさそうですね。

ところで余談なんですけど、もし自分が店員で6ドル50セントの物を買うお客さんが21ドル50セント渡してきたら、「この人は15ドルお釣りが欲しいんだな」とすぐに気が付きますよね。

ところがニュージーランドでは「1ドル50セントを返してきて、それとは別で13ドル50セントのお釣りをくれる人ばかりです。

そういう小銭を減らすための小細工はまったく通用しませんので、買物をするときは気をつけましょう。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS