[小笑い]ニュージーランドのエイプリルフール・ネタ5選

スポンサーリンク

今日は4月1日ですね。
今日は皆さんエイプリルフールで遊んだりしましたか?日常生活で「エイプリルフールだから誰かを騙す」ってなかなかできないですよね。

日刊ニュージーランドライフでは、毎年エイプリルフールに「嘘ネタ」をアップしていたんですけど、今回はちょっとバタバタしていて、嘘ネタできませんでした…。バタバタしていてなんて言い訳なんですけどね。
意外とエイプリルフール記事って普段の記事より前準備とか時間がかかるんです。

そこで今回はニュージーランド国内で企業が行ったエイプリルフール・ジョークを5つ紹介したいと思います。

1:クライストチャーチ空港が世界初の試み

クライストチャーチ空港が画期的なアイディアで滑走路を短くすると発表しました。

その方法とは滑走路に角度を付けるというものです。
角度を付けることで着陸時は坂を登るように着陸するので減速が早くなり、離陸時は角度が付いていることで上空に飛び立ちやすくなるそうです。

さらに滑走路に角度を付けることで離着陸時のジェット燃料の消費が減りエコであると発表しました。

Christchurch International Airport

2:まさかのノイズキャンセリング金づち

誰もが一度は触ったことがある金づち。
この金づちに革命が起きました。あの金づちを叩く音が消える「ノイズキャンセリング・金づち」をMitre 10(ホームセンター)が発売するそうです。

スポンサーリンク

The biggest innovation in DIY. Now available in New Zealand

Posted by Mitre 10 New Zealand on Thursday, March 31, 2016

牛が視聴者のラジオ局開設!?

ニュージーランドの北島で一風変わったラジオ局が開設を計画しているそうです。その名も”FM Moosic”

なんと視聴者は人間ではなく牛。
FM MoosicのディレクターLirpa Sloofは故郷のアイスランドで似たようなラジオ局を運営した経験があり、牛に音楽を流してあげることで牛乳の生産高が上がるとか。

あとはスポンサーが付けば開局できるらしいです。

きょ、巨大すぎるとんでもないものが入荷した魚屋

ニュープリマスの魚屋Egmont Seafoodsはとんでもないものが入荷したとニュースリリースを出しました。

skitched-20160401-201957

この巨大な魚、鯛(Snapper)らしいです。

Monster fish caught in Taranaki waters – Egmont Seafoods

ペットも食べられるアイスクリームを発売!

ニュージーランドのアイスクリーム屋といえばTipTopですね。
そのTip Topが犬や猫も安心して食べられるアイスクリームを発売するそうです。

Pets deserve to feel Tip Top too, that’s why we’ve launched an all-new range of pet-friendly ice cream, Tip Top Happy Tails. It’s all-natural and has a creamy taste that four-legged friends love.

Posted by Tip Top Ice Cream on Wednesday, March 30, 2016

こういうことができる企業は楽しそうですね

いろいろ締め切りがあるなかで、エイプリルフールのジョークを決めたりしなければいけないと、「そんなことしてる場合じゃ…」と思ってしまいそうなんですけど、こういうことを大人が真剣にどうするか決められる会社は楽しそうですね。

実はこれ以外にも動画のエイプリルフールのジョークがあったりしたんですけど、冗談が過ぎてただの悪ふざけになってしまっているものもありました。それはそれで「度を過ぎてしまう」という意味でニュージーランドっぽかったんですけど、何となく悪ふざけで不快感もあったので、紹介するのを止めました。

来年はどんなエイプリルフールになるのか。来年は日刊ニュージーランドライフもエイプリルフールに便乗した記事を何か書きたいなーと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS