【速報】投票結果が出ました!ニュージーランドは新国旗になるのか!?

スポンサーリンク

★追記有り 2016年03月24日★
この記事は情報が入り次第、記事に下から追記を行っています。


 

しばらく前から「ニュージーランドの国旗が変わるかもしれない」という話。

とうとう国民投票が締め切られ、先ほど「速報」という形で国旗がどうなったのか報じられていました。

詳しい情報はニュージーランド時間の20時55分から首相のジョン・キーと労働党の党首アンドリュー・リトルが会見を開くとのことなので、その会見で紹介することにします。

とりあえず速報で「どっちになったのか」だけお知らせしたいと思います。

ニュージーランドの国旗は国民投票の結果、56.6%の指示を得た

the chosen

現状の国旗」が選ばれました!

スポンサーリンク

詳細は記者会見終了後に追って、この記事に追記していきますので、ぜひこのページをブックマークしてしばらく落ち着いてから、開票の様子などを読んでいただければと思います。

追記:2016年03月24日 NZ時間23:30

今回の国民投票で投票者は2,124,507人いました。これは投票権があった315万人に対して67.3%にあたるそうです。

その中の120万人、56.6%が現状のユニオンジャックが入った国旗を、そして残りの90万人、43.2%が新しいシダが入った国旗に票を入れました。そして驚くことに無効票はたったの0.44%しかなかったそうです。

今回国旗を変えることを推奨していた首相のジョン・キーはこれを受けて「正直がっかりした。僕が政権を取っているあいだは国旗変更をすることはない。」と答え、「国民が選んだことを尊重する。国民はもっと国旗を使い、誇りに思って欲しい」とインタビューで答えました。

ジョン・キーは100万人近い人が「新しい国旗にしたい」と思って投票してくれたことを前向きに捉えたい。また2,600万ドル(約20億円)かけて行った結果、健全な話し合いができたと答えていました。

また「国旗を使って、世界中の人たちにどれだけ自分たちがニュージーランド人であることを誇りに思っているか見せてやろう。国旗を使って素晴らしい国である事実を祝おう」と述べていました。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS