キレイすぎ!プロが撮ったニュージーランド写真たち

スポンサーリンク

ニュージーランドに限らず、大自然の写真を自分で撮るとガッカリしませんか?「もっと雄大なのになぁ」とか「もっと色がキレイなのに」と自分の写真を撮る技術のなさを痛感します。

今日紹介する写真はプロの写真家Johan Lolosがオーストラリア旅行のあとで訪れたニュージーランドで1年間に渡って撮られた写真たちで、どれも「おーー!」と声が出てしまうような写真ばかりです。

Johan Lolosの写真はどれも素晴らしいものばかりなので、本当はすべて紹介したんですけど、今回はその中の一部を紹介したいと思います。

息を飲むような景色のニュージーランド

まずは僕自身が最初に見て「この人の写真を記事で紹介したい」と思った写真がこれです。

鳥肌が立つほどキレイですね。
彼はニュージーランドで撮影した写真をInstagramに載せたところ、その日からニュージーランドの景色に魅了されて10万人ものフォロワーが増えたそうです。

彼は今回、ニュージーランドに初めて訪れてアルプスの雪に覆われた山々や、湖などを見て、あまりの美しさに立ちすくんだそうです。そして写真を撮り重ねていくうちに彼自身の写真撮影のスタイルすら変わってしまったとイギリスの新聞社Daily Mailのオンライン版のインタビューで答えていました。

スポンサーリンク

ここから先は写真を淡々と紹介していきますので、ゆっくり眺めていってください。記事の最後に彼の公式ウェブサイトのアドレスも載せています。そこにはInstagramに載っていないたくさんの写真が掲載されていますので、興味がある方はぜひそちらのサイトもご覧ください。

この写真はワナカですね。湖に立つこの木が目印です。

この写真は南島、クイーンズタウンの北部にあるMt Aspiring National Parkと言う国立公園のなかで撮られた1枚です。水の色が圧巻ですね。

この滝Devil’s Punchbowl Waterfallと言う名前でクライストチャーチから北に延びるArthurs Passと呼ばれる峠にあります。人が一緒に写っているので滝の高さがよくわかりますね。

この写真、このアングルは意外と有名なので「あ!」とピンと来る方の多いはずです。
トンガリロで撮られた1枚です。やっぱり水の色が幻想的でキレイですね。

そして最後はマウントクックです。比較的簡単に歩けてこの景色。最高ですね。

とにかくキレイすぎる写真たちに圧巻

すごくキレイですね。
今回紹介した写真はどれも「もし自分がそこにいたらこう見えるんだろうな」というのを想像させてくれますね。

自分目線の写真や、引き気味の写真に人をひとり入れることで自然の雄大さがグッと伝わってきます。

彼の今回紹介したニュージーランドの写真はもちろんそれ以外の写真も含めて、彼の公式サイトAdventures – Johan Lolos | Travel / adventure photographerで公開されています。ぜひ覗いてみて下さい。

こういう写真を見ると写真の撮り方を勉強したいなとか、撮った写真を使ってもっとニュージーランドの良さを紹介できたら良いなと思ったりします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS