日本人のニュージーランド移民の歴史 〜19世紀から現在〜

スポンサーリンク

今日はフッと疑問に思ったことを調べてみた話です。
以前、最初にニュージーランド人になった日本人の「野田朝次郎」さんの話を紹介したことがあります。
数奇な運命によって1890年にニュージーランドのインバーカーギル(Invercargill)という街に流れ着いた彼はその後、ニュージーランド人と結婚そして家族を持ち、ニュージーランド人として障害を終える物語です。

初めてニュージーランドに移住した日本人物語

その話では彼自身のニュージーランドに来たキッカケなど「個人」に的を絞って、ニュージーランドに移住してきた日本人の話を紹介しました。

でも、今回はちょっと気になったのは「個人」ではなく、歴史のなかで日本人が節目節目にどのくらい来たのかなど、ちょっとした日本人のニュージーランド移民の歴史でした。

今日はそんな幾つかの資料をまとめたニュージーランドの日本人の歴史についてです。

日本人のニュージーランド移民の歴史

Rolling pasture

19世紀

ニュージーランドが建国したのは今から約150年前の1840年でした。
この当時の公式の文章に日本人の名前が載ることはなく、一番最初に”Japanese”という表記が出てくるのは1874年でした。その最初の日本人はサーカスの人たちで、サーカス団はニュージーランドの北島と南島を巡業しました。

その後、19世紀のあいだにニュージーランドに移住した日本人は一握りとされています。
その中に以前紹介した野田朝次郎さんがいます。さらに日本人としてニュージーランドの歴史に名前を残しているのは「Kazuyuki Tsukigawa」さんという方です。このTsukigawaさんはダニーデン(Dunedin)に辿り着きました。

スポンサーリンク

20世紀

記録によると1915年から1919年までのあいだに移住目的や旅行や仕事を含めてニュージーランドに訪れた日本人は55人、そして1920年までに14人の日本人男性が住んでいたそうです。ちなみにニュージーランド人と結婚した日本人女性は旦那の国籍として登録されていたらしく、正確な人数がわかりません。

第一次世界大戦(1914-1918年)前までにニュージーランド人に帰化した日本人はたった10人程度と言われています。つまりそれ以外の人たちは短期滞在で帰国した人や、国籍は与えられず、もしくは欲することなく滞在していたということですね。

さらに第二次大戦中の1941年に日本が真珠湾を攻撃した後、5人の日本人がウェリントン(Wellington)にあるSomes Islandの収容所に入れられ、数百人の日本人は戦犯としてウェリントンから約65km離れたフェザーストン(Featherston)のキャンプに勾留されていました。

第二次世界大戦が終わって、語学留学や大学への留学が始まったのは1960年代。
さらに1987年の日本からの観光客は6.6万人、そして1997年には約3倍の16.3万人もの人が訪れました。

現在。そして日本人在住者数の変遷

Beautiful New Zealand

ニュージーランドの国勢調査によると、日本人の数は以下のように移り変わっていきました。
ものすごく古いデータが電子化されていたので、その部分をまず見てみましょう。

1878年:6人(男2:女4)
1881年:7人(男2:女5)
1901年:17人(男10:女7)
1906年:25人(男17:女8)

この人数とニュージーランド人と結婚した日本人女性の数が加わわるんですけど、それにしても日本人が25人ってすごいですね。

そこから時間は一気に飛んで1991年時点でニュージーランドに住んでいる日本人は約3000人でした。
それが5年後の1996年には約7500人、2001年には1万人、そして2006年には1.2万人、さらに2013年には1.4万人に達しました。

1.4万人の日本人のうち半分弱の6700人がオークランド、2600人弱がクライストチャーチを含むカンタベリー地方に、そしてウェリントンに1200人の日本人が住んでいるそうです。

なんだか感慨深いですね

今回紹介した数字はThe Encyclopaedia of New Zealand(ニュージーランド百科事典)Census: 1891-1916 国勢調査1891年から1916年などニュージーランド国内で政府が発表しているデータをまとめたものです。

ちなみにこの数字に出てくる日本人の数は国勢調査に答えなかった人たちが含まれていないので、もっとたくさんの日本人がニュージーランドには滞在している/していたはずです。

野田朝次郎の話のようなストーリー性はありませんけど、インターネットも電話もない時代に移住した日本人のことや、その後少しずつ増えていった日本人の数を見てなんだかちょっと感慨深い思いになりました。

それと日本人で2人目にニュージーランド人に帰化したKazuyuki Tsukigawaさんの歴史や彼自身が残した自伝を論文としてまとめた方のデータを見つけることができました。もし興味がある方はぜひ読んでみてください。彼がこういう形で自伝を残してくれたことに感謝したいです。

CiNii 論文 –  『月川喜代平自伝』とその背景 : 二人目の日系ニュージーランド移住者

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS