これはすごい!エイベル・タズマン国立公園内のビーチ&家が売りに!

ニュージーランドの南島の北端に「エイベル・タズマン国立公園」というビーチがものすごくキレイなことで有名なところがあります。

夏は世界中から観光客が訪れることで有名なこの国立公園と同じエリアにある私有地が売りに出ているそうです。場所が場所名だけになかなかビジネスを始めるのは難しいかもしれませんけど、特別な別荘地にするのにこんな素晴らしい場所はなかなかないかもしれません。

今日はそんなエイベル・タズマンにある土地が売りに出ているよというお話しです。

世界中から観光客が来るビーチ「エイベル・タズマン」

Sneaking a peek - Abel Tasman Coast Track

エイベル・タズマンと言えば、カヤックやトレッキング、そしてビーチを楽しむために世界中の観光客が訪れるところです。

地上には白い砂浜と青い海、緑に生い茂った森が、そして空にはニュージーランドのあの蒼い空と白い雲が広がっています。

場所はココですね。

余談なんですけど、Googleマップの日本語訳が「アビル・タズマン」となっていてちょっと笑っちゃいました。

エイベルタズマンのツアーがたくさん出ている街モトゥエカ(Motueka)までネルソン(Nelson)から1時間弱。クライストチャーチ(Christchurch)からは車で5時間ちょっとかかる秘境です。

Abel Tasman National Park

エイベル・タズマンのビーチ&家が売りに

さてさて。そんなエイベル・タズマンのビーチが売りに出てると聞いて、エイベル・タズマンを一度訪れたことがある方なら「宝くじが当たったら欲しい!」と絶対思うはずです。

気になるビーチは秘境エイベル・タズマンの更に奥地アワロア・インレット(Awaroa Inlet)という入り江にあります。

この物件を扱っているBayleysによると、土地の広さは7ヘクタール(7万平方メートル)あります。東京ドーム4.7ヘクタールなので約1.5倍ということですね。
※もっと良い例えを探したんですけど、意外とないものですね…。
正方形でいうと7万平方メートルは265メートル×265メートルです。広い!

skitched-20160111-172842

これがその土地です。この土地の中には800メートルにも及ぶビーチと、原生林そして3つの建物が含まれています。メインの建物には寝室が1つ、それと簡易キッチン(Kichenette)など居住空間があり、残りの2つはカヤックやボートなどを収納するスペースとなっています。
また2つの大きな貯水槽もあります。

少しだけネックになることがあって1つ目はトイレがありません…。それとあまりにも秘境すぎて車で行くことができません。歩いて行くか、ヘリコプターで飛ぶか、もしくは海からボートで行く必要があります。

ところで気になるお値段は現在のオーナーさんは200万ドルを希望しているそうです。
日本円にすると1.6から1.8億円です。エイベル・タズマンにプライベートビーチを持てると考えたら安いのかもしれないんですけど、一般の人は早々簡単に手が届く金額ではありませんね。

でも、世の中にはお金持ちがいますからね。1人で買わなくても共同購入とかでもいいのかもしれません。

こんなビーチが自分のものだったら…

ものすごい土地が売りに出てますよね。こんなすごい土地が売りに出ることは滅多にないそうです。

陸路で辿り着くには徒歩のみ。海路の場合はボートというのはなかなかですね。

以前の職場Maruia Springsも僻地にあったんですけど、大工や水道工事の人を呼ぶと呼ぶだけですごいお金がかかっていました。移動費+工賃なので気軽にそういう人を呼べませんでした。

今回出ている物件はもっと僻地なのでいろいろな維持費とか、改装するときの工事費は街中の数倍するかもしれないんです。でも、きっとそんなことを気にしている人は買っちゃいけないんでしょうね。

ニュージーランド在住の人だけに限らず、海外に住んでいる、つまり日本に住んでいる人でも購入はできるそうです。ぜひ興味がある方はこの土地を取り扱っている不動産屋Bayleysに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS