今年も1年ありがとうございました!

スポンサーリンク

2015年も残すところ今日を入れて3日ですね。
今年も1年、多くの方に読みに来ていただき本当に感謝しています。ありがとうございました!

日刊ニュージーランドライフは例年だと年末年始も記事の更新をしているんですけど、今年は初めて12月30日から1月の4日まで6日間ほど更新をお休みさせていただこうと思います。なので今回の記事が今年最後の記事になります。

そこでちょこっと今年の人気記事トップ10や出来事など振り返りつつ、来年のことを書いてみたいと思います。

今年の人気記事

今年1年間で人気が記事の中でニュージーランドに関連性の深いものは以下の10記事でした。
もしまだ読んでいない記事があれば、これを気に読んでみてくださいね。

  1. 亡くなった先生を偲ぶ全校生徒が踊る別れのハカが感動的すぎる
  2. 同性婚賛成派のスピーチがNZらしさ全開で素晴らしい
  3. NZとAUSの国旗を見分ける方法
  4. オールブラックスも踊るハカ”Ka Mate”の歌詞と意味って何?
  5. ニュージーランドが売春を合法化した理由に妙に納得
  6. ニュージーランドの物価は安いのか高いのか
  7. ニュージーや日本の地球の反対側ってどこの国なんだろう
  8. 原発がない国ニュージーランドの電力事情
  9. 12月26日はボクシングデー。でもいったい何の日?
  10. ラグビーワールドカップ日本の大金星!をNZ各紙が大絶賛

「NZとAUSの国旗の見分け方」は検索でとにかくジワジワ人が集まりました。
来年には国民投票で国旗を新しくするかどうかが決まるので、その辺も改めて紹介していきます。

2015年を振り返って&2016年の目標

Pohutukawa

個人的なことなのか日刊ニュージーランドライフというサイト運営者としてなのかよくわかりませんけど、6月にNHKのラジオに出演させてもらったり、10月には日本でニュージーランド・トークライブに出させてもらって2日間で合計120人くらいを前にニュージーランドのことをしゃべらせてもらいました。

ものすごく良い経験でした。
留学や移民のエージェントではないからこそ伝えられるニュージーランドの魅力みたいなものを、日本でイベントを通して直接伝えるのは面白いなと感じました。

航空券のことを考えると、それを開催するために日本に帰るのはなかなか難しくても、自分たちの一時帰国のタイミングでまずは東京・大阪の2都市くらいで、場合によってはもう少し広い範囲でイベントを開けたら面白いかな?と思っています。

自分1人だけではニュージーランドにいながら、日本でもイベントを開催するための準備を行うのは難しいので、イベント開催を協力してくれる人を探しながら、「2016年の目標」としたいと思います。

それとずっと答えは出せずにいるんですけど、日刊ニュージーランドライフの方向性みたいなものも色々見定めていきたいと思っています。もっともっと多くの人に見てもらえるにはどうしたら良いのか。その辺を考えています。これは「2016年の目標」というより「2016年の課題」みたいなものです。

Pohutukawa, Wellington

そして今年は5月末に娘が生まれて、それまでずっと夢だった「ニュージーランドで子育てをする/家族を持つ」が現実のものとなりました。

家で仕事をしている関係で奥さんと主婦・主夫態勢で、育児・家事をしながら仕事をしています。
そんな生活は自分の中でまだよくわからないんですけど、今までの価値観がガラッと変わった気がしています。

今までは「フィンランドとか面白そうだなー」とか「世界一周したいな」とかいろいろ思っていましたけど、今も思ってますけど、子どもも楽しめるのか、子どもにとって何が良いのか。そんなことが中心になってきました。

そして子どもが生まれて、今まで以上に自分たちを育ててくれた両親への感謝の気持ちを感じました。

何がベストなんていうのは、家族によって違うので答えは出ないと思うんですけど、自分なりにいろいろ考えて前に進みたいと思っています。

2016年もよろしくお願いします!

2015年。本当に皆様ありがとうございました。

2016年も頑張っていきたいと思いますので、暖かい目で見守っていただけたら嬉しいです。

それでは皆様にとって2016年が良い年でありますように。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS