数百ドル得!?無料か激安で車・キャンピングカーを借りてニュージーランドを旅行する方法

スポンサーリンク

12月も中旬になって、年末年始に旅行を計画している人はそろそろ宿泊施設や、レンタカーを予約したり旅のプランを確定させておきたい時期になってきますね。

ニュージーランドの街と街を移動する手段は「飛行機」「バス」そして「レンタカー」の3つくらいしかありません。電車もあるんですけど、線が限られているので自由度はすごく低いです。

今回紹介する話は、ニュージーランド国内のレンタカーを無料、もしくは激安で借りられて、しかもガソリン代やフェリー代までレンタカー会社が払ってくれる方法があるんです。

乗り捨てられたレンタカーを元の位置へ

Apollo Euro Camper

今回紹介するサービスは「あー確かにそうだよねぇ」という隙間を付いたビジネスです。

これからの時期、レンタカーを利用する人はドンドン増えます。
オークランドより外を旅行する人たちはオークランドで車を借りて、ウェリントンやネイピアなど北島内で返却するか、さらに足を伸ばしてクライストチャーチやクイーンズタウンで返却します。

すると、オークランドの車の在庫はドンドン減って、クイーンズタウンとか他の街のレンタカーの在庫はドンドン増えていくことになります。増えた車を戻すには人を雇ったり、車を輸送する会社を使って戻さなければいけませんでした。

でも、それってけっこう高く付いてしまいます。

スポンサーリンク

そこで生まれたのがrelocation servicet(リロケーション・サービス)呼ばれるものです。
旅行者にその車を無料、もしくは激安で貸し出してレンタカーの需要が高いところまで戻してもらおうというものです。

場合によっては数百ドルどころか、キャンピングカーを借りた場合は宿泊費が浮くので1000ドル、それ以上お得になるサービスなので、これから旅行をしようと思っている方は見逃せませんね。

各社が提供するリロケーション・サービス

150120.117 Mt Cook, Lake Pukaki, Twizel, Helen Road Trip, NZ

実はこのリロケーション・サービスは各レンタカー会社が提供しています。
Googleなどの検索エンジンで「Rental cars relocation new zealand」と検索してくると見つけられます。

それ以外に「いろんなレンタカー屋を見るのは面倒」という方にピッタリのTransfercarという一覧サイトもあるので便利です。

それぞれのレンタカー屋や、混み具合、車の車種などの条件によって、車を借りられる条件は変わってきます。Transfercarやレンタカー屋を幾つか見て「だいたいこんな感じ」というものをリストにしました。

  • 利用日数と期間に制限がある。それを越えると有料
  • 走行距離に制限がある場合がある

これらはほぼどのタイプでも当てはまりました。
つまり、のんびり旅をしたい人には向かないんですね。でも、逆に短期滞在の旅行者が車を借りて見どころを駆け足でまわる分には問題ありません。借りられる日数は距離に応じて変わるようです。

それ以外に借りる車によって付いてくる特典があります。

  • フェリー代(車体代のみ)が付いてくる
  • ガソリンタンク満タン1回分無料
  • ガソリン券が付いてくる
  • ガソリンは空で返せばいい
  • 保険代が無料

これら全てが付いてくることはありませんけど「フェリー代+ガソリン1回分無料+ガソリンは空で返却+保険が無料」という車はクライストチャーチかクイーンズタウン→オークランドの返却では幾つもありました。

繁忙期でも借りられる可能性大

普通、激安のサービスは繁忙期は使えなかったりしますよね。
ところがこのサービスの場合、繁忙期こそ車を多く貸し出したいので、車をオークランドやクライストチャーチに戻してくれる人を常に募集しています。

まだニュージーランド国内の移動をどうするか決めていない方は、こういったサービスを使ってみるのも良いかもしれませんね。浮いたお金で良いホテルに泊まったり、晩ご飯を豪華にしたり、諦めていたアクティビティーを楽しんだりすることができるはずです。

ぜひ旅行のプランの1つに付け加えてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS