海外旅行で持っていくカメラの購入ポイントはココ!

スポンサーリンク

ニュージーランドに限らず海外・国内旅行用に行く時、カメラ持っていきますよね。
そんな旅行用にカメラを買う時、どんなポイントでカメラを選んでいますか?

知ってる方も多いと思うんですけど「景色を撮るときはこんなカメラが良いですよー」というポイントがあるんです。

このポイントを抑えておくだけで、ニュージーランド旅行で撮った写真がグッと臨場感を増した写真になります。

年末年始は日本からの旅行者が一番多くなります。なのでもし「せっかくニュージーランドに行くしカメラ買おうかな?」と思っている人の参考になれば嬉しいです。

大自然が写真に収まらない…という経験

060211-131115-1

旅先でいざ写真を撮ろうとしたら「大自然すぎてカメラに収まらない…」という経験した方いませんか?

何枚も写真を撮ってみたものの、あとで見なおしたら景色の雄大さが全然伝わって来ないことってよくあります。
それはどうしてなのかというと、もちろん「腕」もあるんですけどカメラのレンズの違いでもあるんです。

「画角が広い」カメラを景色を撮るには良い

「画角」という言葉を聞いて「あー。なるほどね」と思った方はカメラのことを知ってる方ですね。そういう方は今回の話が何の話かわかったかもしれません。

スポンサーリンク

「え?画角って何?」という方は、このまま読み進めていってください。

「画角」をイメージしやすく説明してみるとこんな感じです。
一言でいうと「画角」というのは、どれだけ広くもしくは狭く撮れるかを表すものです。

「画角が広い」というのは「広い範囲の写真を撮れるカメラ/レンズ」、「画角が狭い」というのは「狭い範囲の写真を撮れるカメラ/レンズ」です。「画角が狭い」というのは「ズームできる」という意味と同じと思ってもらって良いと思います。

つまり「広い範囲で撮れる」というのは、「すごくズームできる」の反対、すごく引くことができるレンズが付いてるカメラと言うことですね。

実際の例を見てみましょう。

Market on Willis Street, Wellington

この写真はiPhone 6 Plusで撮った何の変哲もない写真です。iPhoneの画角は一般的なデジカメと同じ画角です。
つまり、多くの人が使っているデジカメと同じ画角の写真が撮れます。

ところが「画角」が広いカメラで同じ位置から写真を撮るとこんな風に撮れます。

Market on Willis Street, Wellington

撮れてる範囲が全然違ってきます…よね?わかりにくいですか…?
もう少しわかりやすくなるように具体的にどのくらい広く撮れているかをわかりやすくしたものも用意してみました。

グレーのところはiPhoneや一般的なカメラでは撮影できないエリアです。

Market on Willis Street, Wellington

「画角が広いカメラ(レンズ)」だとこれだけ広く撮れているんです。

「こういう広く撮れるカメラが欲しい!」と思った場合はどうすればいいのでしょう。

「広角」のカメラを買おう

081018-123701

「どうせそういう広く撮れるカメラは一眼とか良いカメラでしょ?」と思われがちなんですけど、意外と画角が広いカメラは売っています。そういう画角が広いカメラを「広角カメラ」と読んだりします。

中にはレンズを交換できるタイプのデジカメも売っていますね。
そういうものだと画角が広い広角レンズと、すごくズームができる画角の狭い望遠レンズがセットになって販売しているものもあります。

111117-170344

うちの奥さんは何年も前にオリンパスのミラーレスというコンパクトな一眼カメラを買いました。
当時、敢えて型落ちで安くなったところを狙って2万円くらいで買って、けっこうキレイに撮れるので今でも現役バリバリで使っています。レンズが2つ付いていて、上で紹介したような広角のものとズームのものを使い分けています。

こういうカメラはネットで買うよりも電気屋さんに行って、「広い景色を撮りたいんですけど」とか「広角のカメラが良いっていわれた」と店員の人に相談してみるのが良いと思います。

そうすると値段とか希望する機能とかと折り合いが付くカメラを勧めてくれるはずです。

せっかくの旅行。キレイに写真を撮りたいですよね。ぜひ広角なカメラを使ってキレイな写真をたくさん撮ってくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS