暴風のクライストチャーチで 道を思わぬものが暴走!

スポンサーリンク

先日、ニュージーランドの広範囲にわたって、まるで春一番?というような強風が吹き荒れました。

全国で風による被害が出た中、思わぬものが国道を暴走しているしているのが目撃されました。

もし自分が車を運転中、これが暴走していたら「えーーーー!」と叫んでしまうと思います。
さて、いったい何が国道を暴走していたのでしょうか?今日はちょっとしたクイズ形式でお届けします。

いったい何が暴走していたのでしょうか?

その日、トラック運転手の若者二人がクライストチャーチから北西にあるDarfieldからKirweeに向かって車を走らせているときに、この思わぬものが国道73号線を暴走しているのを見かけました。

彼らは車を走らせながらスマホでその様子を撮影し、Facebookにアップしたところものすごい反響がありました。そのビデオは全世界の注目を浴びてニュース何度でも取り上げられました。

ではいったい何が道ばたを暴走していたのでしょう?5択にしてみました。

  1. 体重600キロの乳牛
  2. 重さ500キロの水のタンク
  3. 重さ700キロのトラクター
  4. 重さ100キロの道路標識
  5. 重さ200キロの羊

どうでしょう?わかりました?

ちなみにヒントは、その暴走していたものは国道を約5-6キロも帽蔵していたそうです。しかも、速度は50-60キロもあったといわれています。

スポンサーリンク

それでは答えを…と。その前に1つあいだに画像を挟みますので、下にスクロールする前に考えてみてください。

New Brighton

では答えです。答えは2番の水のタンクです。
重さ500キロ、高さ約3.0メートル、直径3.5メートルの3万リットルもの水を蓄えられるタンクが時速50-60キロで転がっていたんです。その重さと強度、それと形状で障害物にぶつかっても何ごともなかったかのようにぶつかったものを破壊しました。

その映像がありますので、ご覧ください。
ちなみに撮影者の人たちは、そのタンクが転がる姿を見て大爆笑しています。ボリュームは抑えめでも良いかもしれません。

よく見ると途中、重さ500キロもあるようなタンクが軽々と跳ねているのがわかります。あんなのが当たったら…と思うとゾッとしますね。

タンクは最後、徐々に失速していって茂みに衝突して止まったそうです。
ちなみにこのタンクはメーカーにもよりますが3500-4000ドル(30万円前後)します。持ち主はあるべき所にあるはずの重たいタンクがなくなっていてビックリしたでしょうね。

何だかちょっと笑ってしまう、でも張本人には笑えないニュースでした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS