ニュージーランドのヒットソング トップ20|2015年9月

スポンサーリンク

7月から新しい試みをしています。
それはニュージーランドで流行っている歌、しかもニュージーランド人が歌っている流行りの歌のヒットチャートを紹介するというものです。

できれば毎月、その月々のヒットチャートを紹介したかったんですけど、意外と曲の入れ替わりがなくて1ヶ月空いてしまいました。今後も不定期でニュージーランド・ヒットチャートを紹介していきます。

1位はアーティストたちが歌うチャリティーソング

1位に輝いた曲はTeam, Ball, Player, Thingというバッテン病(Butten Disease)と呼ばれる先天性の神経疾患の患者のためのチャリティーソングであり、今イギリスで開催されているラグビーワールドカップのサポートソングです。

歌っているのはロード(Lorde)やキンブラ(Kimbra)など世界的に有名な歌手はもちろんニュージーランドで有名な歌手30人です。
そしてプロモーション映像にはニュージーランドの他のアーティストや、俳優、コメディアン、そしてラグビー選手が出演しています。

日本でいうところの東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」みたいなものですかね。

5位に新曲。でもなんかこう…

5位に新曲で入っている曲はThe Pigeon Songといいます。
Pigeonは鳩です。鳩の歌ってことです。何となくメロディーとかは耳に残るんですけど、好き嫌い分かれそうです。

スポンサーリンク

個人的には特に好きではないんですけど、気が付いたらホッホー!と軽く歌っていたことがあってショックでした…そういう歌ってありますよね。

ヒットソング2015年9月はこちら

一曲ずつYoutubeを貼っていくと大変なことになってしまうので、Youtubeでプレイリストを作りました。

1つは9月のトップ20だけを集めたもの。そしてもう1つは7月のヒットチャートに入っていた曲も含めた「2015年のヒットソングを集めた」ものです。

動画を紹介する前に、まずはトップ20のリストだけ紹介します。

  1. Team Ball Player Thing | #KiwiCureBatten
  2. White Lines | Six60
  3. Inside Out | Avalanche City
  4. Purple | Six60
  5. THe Pigeon Song | Guy Williams feat. Scribe
  6. Special | Six60
  7. Freaks | Timmy Trumpet and Savage
  8. I See Fire | Sol3 Mio
  9. So High | Six60
  10. Help is Coming | Crowded House
  11. Don’t Forget Your Roots | Six60
  12. Royals | Lorde
  13. Only to be | Six60
  14. Touch | Maala
  15. Team | Lorde
  16. Exhale | Six60
  17. Bridges | Broods
  18. Yellow Flicker Beat | Lorde
  19. Forever | Six60
  20. Four Walls | Broods

2015年7月と9月を併せたプレイリストは「Youtube」でご覧ください。

いかがでしたか?

9月は「鳩の歌」があったり、I See Fireというアカペラ(?)の人が混ざったり、ちょっと変わった感じのヒットチャートでした。

ぜひYoutubeのプレイリストを流しながらパソコンをしたりして、ニュージーランドの歌を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS