日本で売ったら人気出そう!なニュージーランドのもの

スポンサーリンク

ニュージーランドに旅行で来たり、ニュージーランドで生活をしていると「あ、これ日本で売ってたら人気出そう」というものを見かける機会がありませんか?

今日は個人的にそう思うものを幾つか紹介しつつ、最後に「僕はこれが売れると思う!」とか「私はこれが日本で買えたら嬉しいな」というアンケートを取らせてもらおうと思います。アンケート結果は記事に追記するか、別の機会に記事として紹介させてください。

ジュースのL&P

Beef sandwich and an L&P

ニュージーランドにはニュージーランド生まれのL&Pという炭酸飲料があります。
ジュースコーナーではコーラやスプライトと並んで販売されていたり、多くのドリンクバーでも取り扱いがある定番のジュースです。

味はL&Pはレモネードの一種なのでスプライトやセブンアップに似た感じです。もう少しレモンの風味が強いかもしれません。

ちなみにL&PはLemon & Paeroaの略でLemonは皆さんご存じのレモン、そしてPaeroa(パエロア)は北島にある街の名前です。このPaeroaの天然水とレモンで作られたからLemon & Paeroaと呼ばれています。
なので、もし六甲の美味しい水とレモンで作られたら、L&R(Lemon & Rokkou)ってことですね。

ヨーグルトのEASIYO

Home made yoghurt

むかーーーーし日刊ニュージーランドライフでも紹介したことがある自宅で作るヨーグルトのEASIYOも日本で売れると思います。EASIYOは(エアシヨ)ではなく、EASI(イージー)Yo(ヨー)と呼びます。イージーなヨーグルトってことです。

スポンサーリンク

このヨーグルトは粉の状態で販売されていて、水で溶いて専用の容器で熟成?発酵?させるとヨーグルトが作れる優れものです。我が家ではこのヨーグルトをもうかれこれ5年くらい食べています。

何が嬉しいって粉なので安いときにまとめ買いできること。それから出来たてのヨーグルトは市販されているヨーグルトの何倍も乳酸菌が活発に動いているのでお腹にすごく良いそうです。

日本でも買えなくはないんですけど、ニュージーランドで1袋(1リットル)4ドル(320-360円)くらいで販売されているのに、1袋2000円!とかで販売されていました…

でも、もし適正価格で販売されるようになったら、健康的だし長期保存は利くし売れると思うんです。

同じ粉から作るヨーグルトでHansellsというメーカーが出しているのもあります。これは日本でまだ販売されていないので、日本の輸入代理店とかできたらいいのになと思います。

これは?というものありますか?

きっと他にもいろいろ「これは良いんじゃない?」というものあると思うんです。
ぜひ皆さんのご意見を聞かせてください。

パソコン以外からのアクセスの場合、下のフォームがキチンと表示されていないかもしれません。その場合は以下のリンクからフォームを別のウィンドウで開いて見てください。

アンケートフォーム

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS