[基礎の基礎]ルールを知ってラグビーワールドカップを楽しもう!

スポンサーリンク

イギリスで開催されているライグビーワールドカップで日本チームが世界3位の南アフリカを破るという歴史的な大勝利を収めて、今まで日本での注目度が薄かったラグビーが一気に陽の目を浴びつつありますね。

でも、ラグビーって日本では決してメジャーなスポーツではないのでルールがよくわからない人も多いと思います。
正直、僕自身も基本的なことしか知りません。それでも基本的なことを知っていれば試合を見ると毎回けっこう楽しめます。

そこで今日はラグビーのルールの基礎の基礎を紹介したいと思います。
自分自身今回のために改めて調べてまとめたことなので、「へー」っとなることがいっぱいで勉強になりました。

ラグビーを100文字で言うと

Patterson_park_rugby080404_18ラグビーは1チーム15人で行うスポーツでよく陣取りゲームだといわれます。 相手チームの陣地にボールを入れることで点数を得ることができます。 プレイ時間は前半40分、ハーフタイム10分、後半40分の90分。

やってはいけないこと

まずやってはいけないことの中から幾つか紹介します。 他にもあるんですけど今回は「基礎の基礎」なので省略します。

スクラムになる反則

まずはスクラム(あとで説明あります)になる反則から。

    1. ボールは後か横にしか投げれない。 つまりボールを前に進めるにはボールを持って走るか蹴るしかない 前に投げた場合、スローフォワード(Throw forward)という反則

 

  • ボールを前に落とすのも違反。ノックオン(Knock ON)とう反則。

 

スポンサーリンク

 

ペナルティーキックになる反則

    1. タックルしようとする選手の妨害

 

  • タックルを受けた選手はボールを手放さないといけない。
  • ボールを持っていない選手へのタックル
  • オフサイド サッカーと同じでボールを持っている選手より前方の選手はゲームに参加してはいけません。

 

 

点を取るための5つの方法

点を取るための5つの方法を知る前に、ラグビーのフィールドの図をご覧ください。 rugby-field 真ん中のラインが「ハーフウェイライン」と呼ばれます。そしてインゴールの手前の線が「ゴールライン」です。他のラインの名称もあるんですけど、今回は「基礎の基礎」なので省略しました。

トライ … 5点

相手の陣地のゴールラインを越えてインゴールにボールを着地させることで得られます。

認定トライ … 5点

相手チームの反則によって、トライできるはずだった機会を逃した代わりに得られるトライ。

コンバージョンゴール … 2点

トライを決めた後で、ゴールキックを成功させた場合に得られる。 トライと併せて7点になる。

ペナルティーゴール … 3点

相手チームが反則したときに行えるゴールキック。Hの形をしたゴールの2本の帽のあいだを通り、尚かつ横棒の上を通ると成功と見なされ3点得ることができます。

ドロップゴール … 3点

ボールをワンバウンドさせてから蹴ってゴールを狙って成功した場合に得られます。

スクラム

Wales v New Zealand Scrum

スクラムはこんな風に選手たちが組み合って、何だかゴニョゴニョしているやつです。
これは投げ入れたボールを投げ入れたチーム側のスクラムの最後方に押し出したら試合がいつも通りになります。

基礎の基礎を踏まえて勝利をもう一度

何度見ても「粘り強さ」「諦めない気持ち」みたいなものが伝わってきて良いですね。

次の試合は日本時間の9月23日午後10時半から、ニュージーランド時間は24日の午前1時半からです。今から試合がどうなるか楽しみですね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS