おまけ合戦が激化するニュージーランドのスーパーマーケット

スポンサーリンク

自分が知らないだけかもしれないんですけど、日本に住んでいたときコンビニで700円以上買うとクジが引けるというのはあっても、スーパーマーケットで買い物をしておまけをもらった記憶がありません。

ところが、ニュージーランドではここ最近、スーパーマーケット、主にNew WorldとCountdownの2社が競っておまけを付けるようになっています。しかも、このおまけ合戦は激化の一途を辿り、一部の店舗では終了予定日よりも早くおまけの在庫がなくなるなどしているそうです。

ところで「おまけ」ってどんなものがもらえるのでしょうか。

今、話題になっているのはドミノ

今、Countdownというスーパーマーケットでドミノというゲームの1コマがもらえます。
どんなものか写真を撮ってみました。

Countdown Dominos Woody

ディズニーのキャラクターが描かれたプラスチックのコマです。ドミノはドミノ倒しのドミノですね。
並べて倒すも良し、裏側に描かれた数字を使ったゲームをするもよし、遊び方はいろいろあるみたいです。

スポンサーリンク

ドミノ – Wikipedia

Countdown Dominos

こんな感じで全部で50種類あります。ちなみに我が家もうちの子どもが大きくなったらプレゼントしたいなーと思って集めていて、30種類あつまりました。20ドルで1個もらえるので単純に考えて600ドルはCountdownで期間中に買い物をしているということですね。

このドミノはディズニーキャラクターが強い後押しになったのか、オークランドやハミルトン、ウェリントンの一部のスーパーでは終了予定日よりも早く在庫がなくなってしまい、比較的在庫が残っている南島から移したりするほどのようです。

なかにはCountdownのFacebookページに在庫がなくなっていかにガッカリしたか、いくら買い物をしたと思っているんだなどの苦情を書き込む人もいるそうです。

Countdown stores run out of collectible dominoes | Stuff.co.nz

同じようにスーパーマーケットのNew Worldで買い物をすると、スーパーマーケットで売っている食材などのミニチュアがもらえます。

今回は集めていないんですけど、以前のシリーズを写真に撮ってみました。以前はLittle Shop(リトル・キッチン)というシリーズでミニチュア版の食材をいろいろもらうことができました。

スポンサーリンク

Little Shop New World

それぞれの大きさがわかるように卵を横に並べてみるとこんな感じのものたちです。すごく良くできてます。
今はLittle Kitchen(リトル・キッチン)という名前で同じようにやってます。

子ども心をくすぐるおまけ戦略

以前は野球チップスの野球選手のように「アニマルカード」というおまけがCountdownで配られていました。

Super Animal Sound Card Book and Cards From Countdown - YouTube

このアニマルカードはカードに動物の写真と、その特徴が書いてあり、専用のカードリーダーで読ませると動物の鳴き声を聞くことができます。

もちろんカードリーダーは別売。それとカードを入れるファイルも販売されていたり、週末にはお店でカード交換会が開催されるなどとにかくお客さんにお店に来てもらったり、よりカードを遊んでもらいつつ、お金を作る仕組みが組み込まれていました。

人気があると現れるものといえば…

日本でも人気のあるおまけが出るとオークションで高値で取引されたりしますね。
ニュージーランドでもTrade Meというオークションサイトでこれらのおまけが取引されています。

とはいっても高値で取引されることはなく、というのも「どれがレア」とかがないので、ドミノの場合だいたい1つ2-3ドルで取引されているようです。中には「これ明らかに盗んできたんじゃない?」という大量のカードを販売している人もいたりして、どこの国もそういう事をする人はいるんだなーと思いました。

スポンサーリンク

おまけ合戦どこまで続くのやら

個人的にはおまけを付けなくていいから安くして欲しいなと思いつつ、こういうキャンペーン意外と好きだったりします。

しかも昔なら集めてどうするの?と思ったんですけど、子どもができたら子どもにあげたいという気持ちで同じスーパーに足しげく通うようになりました。完全にスーパーマーケットの思うつぼです。

また他にもこういう面白いことをやっていたら紹介したいと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS