ニュージーランドを10日間タダで旅行できるトラベルレポーターを募集中!

スポンサーリンク

もしニュージーランドを旅の様子をFacebookやTwitterで紹介すれば、その旅が無料になるとしたらどうしますか?

どんなところを紹介したいですか?またどんなところに行きたいですか?

なんとニュージーランド政府観光局と、旅行会社のエイチ・アイ・エス、そしてニュージーランド航空が、そんな夢みたいなことを叶えてくれる合同企画を発表しました。

ちょっとどころか相当耳寄りな情報を今日は紹介します。

10日間タダでニュージーランド旅行ができる!

Church of the Good Shepherd

ニュージーランド旅行を10日間タダでできるってすごくないですか?

しかも行く場所は北はパワースポットとしても人気のある温泉の街ロトルア、南は星空で有名なテカポはもちろん、湖畔の街ワナカ、さらにマウントクックなどなどなど「ニュージーランドの魅力」をギューーーッと凝縮して10日間でまわります。

アクティビティーも満載で、ワイナリー巡り、サイクリング、カヤック、ハイキング、乗馬、さらに天然温泉にも浸かることができるそうです。

スポンサーリンク

さらにすごい!のは、国際線はもちろん、ニュージーランドの国内線の費用や、ホテル代や朝食、昼食、夕食代も払う必要がありません。タダです。タダ。

こういうキャンペーンなので、イヤらしい話、安いホテルではないはずです!食事もフードコートとかではなく、美味しいカフェやレストランがリサーチされて、そこに行けるはずです。(これらは勝手な憶測です。間違ってたらゴメンナサイ…)

気になる募集要項は?

nz-sns-campaign

今回のキャンペーンは一般公募でトラベルライターを募って、その内容をFacebookやTwitterなどソーシャルメディアに発信、結果的にニュージーランドを多くの人に知ってもらおう、ニュージーランドに遊びに来てもらおう!というの目的のようです。

そのためそれらのアカウントを持っていなければなりません。
しかも「より多くのフォロアーや友だち」がいる人ほど、選考に残りやすいはずです。応募ページにも数を入れるところがあります。友だち20人の人より、友だちが500人とかいる人、フォロワーさんが5,000人いる人のほうが効果絶大ですからね。

当選する人は3名です。3人できっと旅行をするんでしょうね。
勝手な想像だと男2人女1人でしょうか。

1つだけ残念なことがあります。それは年齢制限があります。

何才かというと23才以上です。22才以下の人は次回を期待しましょう!

それと旅の日程が全て決まっていて、2015年11月10日から19日までを予定しているため、そのあいだニュージーランドに渡航できなければなりません。仕事を無理やり休むか、仕事をたまたましていない人が対象になりますね。

もちろん旅行のあいだはプロのカメラマンなどが同行して旅行の一部始終を撮影されます。そしてそれらの写真や動画は政府観光局のキャンペーンや宣伝の素材として使われるそうです。なので、その辺の覚悟(?)も必要ですね。

応募するのはタダ!ぜひ応募してみましょう!

Champagne Pool, Wai-O-Tapu, Rotorua, New Zealand

キャンペーンに応募するのはタダです。「お!面白そう!」と思ったら応募しちゃいましょう!
こんなチャンス滅多にありません。もし万が一選ばれたときに仕事どうしよう…?とか悩めば大丈夫です。

年を取ることをイヤだなーと思ったことはほとんどないんですけど、今回ばかりは自分が対象年齢から外れていたのが残念でなりませんでした。

もし周りにこういうこと好きそうな人、ニュージーランドを愛して止まない23才から35才の人がいたら、ぜひこのキャンペーンを教えて上げてください。この旅を機に人生が変わるかもしれませんよ!

キャンペーンの詳細はニュージーランド政府観光局のページをご覧ください。

キャンペーンの詳細を見る/応募する

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS