あの世界的な旅行誌が選ぶ世界のトップ観光地500でニュージーが9カ所選ばれる

スポンサーリンク

日本だと旅行誌(ガイドブック)といえば「地球の歩き方」がダントツで有名ですよね。
それ以外のところも、地球の歩き方との差別化を図ったりして、それはそれで個人的に好きだったりします。

ところで英語圏の場合、世界的に有名な旅行誌といえば”Lonely Planet”が圧倒的なシェアを誇っています。日本語版もあるんですけど、あまり知られていませんね。

そんな”Lonely Planet”が先日「世界のトップ観光地500 the top 500 places in the world to visit」を発表し、ニュージーランドの観光地が9つもランクインしていたそうです。

いったいどこがランクインしていたのでしょう!?

まずは世界のトップ10を紹介します

Wat Chaiwatthanaram

Lonely Planetは今から4年前の時点で販売数が1億2千万冊売れている世界で最も売れている旅行ガイドブックです。シリーズはものすごい膨大で118カ国、650タイトルもあって、さらに「南極」まで取り扱っているから驚きです。

その膨大な情報量の中から「世界のトップ観光地500」が選ばれました。
まずはニュージーランドの観光地がどこで、何位だったのか紹介する前に世界のトップ10を紹介したいと思います。

  1. アンコール・ワット|カンボジア
  2. グレート・バリア・リーフ|オーストラリア
  3. マチュピチュ|ペルー
  4. 万里の長城|中国
  5. タージマハール|インド
  6. グランドキャニオン|アメリカ
  7. コロッセウム|イタリア
  8. イグアスの滝|アルゼンチン/ブラジル
  9. アルハンブラ宮殿|スペイン
  10. アヤソフィア|トルコ

Hagia Sofia, Istanbul

スポンサーリンク

日本人なら誰もが聞いたことある観光地が多い中、個人的には聞いたことがない所(アヤソフィア 上の写真)もあって「行ってみたいところ」が更に増えてしまいました。

ニュージーランドはどこがランクインした?

それではニュージーランドはどこがトップ500にランクインしたのでしょうか。

17位:フィヨルドランド国立公園

20150306-IMGP4147.jpg

ニュージーランドで一番ランキングが高かったのはミルフォードサウンドを含むフィヨルドランド国立公園が選ばれました。Lonely Planetでは「untouched 未開の地」「人類がまだいない時代へタイムトリップできる」と評価されていました。

35位:エーベル・タズマン国立公園

Sneaking a peek - Abel Tasman Coast Track

81位:フランツ・ジョセフ&フォックス・グレイシア

Franz Josef Glacier

94位:ワナカ

Untitled

125位:スチュワート島

Smoky Beach

130位:ベイ・オブ・アイランズ

Paihia

276位:ファカレワレワ

Whakarewarewa Thermal Village New Zealand (47)

280位:ワイトモ・ケーブ

Waitomo Glow Worm Caves, #NewZealand

285位:テパパ博物館

McLaren Trust @ Te Papa

ちょっと不思議なランキング

このランキング。ちょっと面白いですね。
テパパ博物館という1つの施設を紹介したかと思えば、ベイ・オブ・アイランズという地域を紹介しています。

個人的にはフランツ・ジョセフ&フォックス・グレイシアが入っているのは大賛成なんですけど、テカポとかクイーンズタウンが入っていないのは残念な気持ちにもなりました。

本当は日本がどのくらいランクインされているかも紹介したかったんですけど、今回トップ500のリストを見つけることができませんでした。というのも今回Lonely Planetが世界の観光地トップ500を発表したのは”Lonely Planet’s Ultimate Travelist”という「世界の訪れるべき場所500」を集めた本が発売されるからみたいです。

なので「詳しく知りたかったら本を買ってね」ってことなんでしょうね。

今回は地名と写真だけの紹介だったんですけど、旅行する機会があれば1つずつ紹介していきたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS