ニュージーランド移民局の偽サイトと偽電話に注意!

スポンサーリンク

今日は「皆さん気を付けましょうね」というお話しです。

数日前にニュージーランド移民局のウェブサイトで「最近、ニュージーランド移民局のサイトそっくりのフィッシングサイトが横行しているので注意してください」という情報が載っていました。

今ニュージーランドに住んでいて、ワークビザや永住権を取ろうとしている方はもちろん、すでにビザを取得している方も注意が必要そうなので、今日は記事として紹介したいと思います。

ニュージーランド移民局からのメールや電話に注意

最近、ニュージーランド移民局を名乗る人からメールが送られてきたり電話が掛かってきて、パスポート番号や個人情報、クレジットカード番号などを聞き出す詐欺が横行しています。

メールや電話の内容は、現在持っているビザで問題が起こったから情報をアップデートしたいというものが多いそうです。

例えば入国管理システムやビザのシステムでエラーが起こったなどの理由で、パスポートなどの番号の詳細を教えて欲しいと言ったり、ビザで追加料金が発生したから指定のウェスタンユニオンの口座にお金を振り込んで欲しいというものまであるそうです。

また「お金を払って欲しい」ではなく、逆に「以前申請したビザで返金が発生したから、そのとき使ったクレジットカードの詳細を教えて欲しい」という、思わず教えてしまいそうな理由を持ち出す業者もいるようです。

「返金します」以外の詐欺は追加料金を払わなかったり、ビザの情報をアップデートできないと最悪のケースは強制退国になることもありますと、かなり恐怖心を煽ることを言ってきます。

スポンサーリンク

ソックリなウェブサイトや電話番号

この詐欺で使われているウェブサイトや電話番号は本物とソックリです。

例えばウェブサイトは見た目はもちろんアドレスもソックリです。これから2つのウェブサイトの画像を載せます。1つは本物、もう一つは偽物なんですけどどちらが本物かわかりますか?

nzimmigration-genuine-1

そしてもう一つがこちらです。

nzimmigration-fake-1

これだけ見てもなかなかどちらが本物なのか見分けるの難しいと思います。特に普段見に行かないサイトだと、前と変わっていても気が付かないのでなおさらですね。

正解は「上の画像が本物」です。見比べればロゴの大きさが少し違ったりするのはわかります。でも見比べなかったらどっちが本物なのかわからないです。

ちなみにアドレスもパッと見たところわかりません。

  • 本物:http://www.immigration.govt.nz/
  • 偽物:http://www.immigration-govt.nz/

どこが違うかよく見ないとわかりませんね。違いは”govt”の前が「. ピリオド」なのか「- ハイフン」なのかだけです。悪意を感じますね。というか詐欺なので悪意の固まりですけど。

もしChromeやSafariといった一部のインターネットブラウザでは下記のような警告文が出てきます。
※ただしブラウザが最新版でないと表示されないこともあります。

skitched-20150731-165105

移民局に限らず注意しよう

移民局から「ウェスタンユニオンの口座にお金を振り込んで欲しい」とか「パスポートの番号を教えて欲しい」という電話がいくことはないそうです。そのため、もし万が一連絡があった場合は注意しましょう。

またこういう犯罪は模倣犯が現れて、今回は移民局で次は別のお役所だったり、別のやり方などを使ってきます。

もし移民局から連絡が来る予定がある人は特に注意が必要ですね。うっかり信じてしまいそうです。

皆さん気を付けましょう。

情報元

Immigration New Zealand website scam – customers urged to take care – National – NZ Herald News

Fake Immigration New Zealand website scam | Immigration New Zealand

ほか

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS