ニュージー滞在中もネットが使えるポケットWi-Fi

スポンサーリンク

日々の生活。スマホやタブレットでメールをチェックしたり、Facebookをやったり、インターネットが生活の一部になっている人多いと思います。自分で言うのもあれですけど、自分は完全にインターネットがないと困ってしまうタイプです。

特に旅行中は美味しいレストランを探したり、天気予報をチェックしたり、面白そうなアクティビティーを探してみたり、今までインターネットがなかったときどうやってたのか思い出せないくらいです。

同じようにインターネットがないといろいろ困る人がニュージーランドに来たらどうやってスマホを使いましょう。
日本の携帯電話をそのまま持ってきて、ソフトバンクとかドコモとかauの海外通話とか国際ローミングサービスを使ったら、ものすごい出費になってしまいますよね。

本当はニュージーランドのSIMカードを使って、日本のスマホをそのまま使えれば良いんでしょうけど、2015年5月発売以前の機種はSIMカードがロックされていることが多いので海外のSIMカードは使えません。

そこで今日紹介するのは「ニュージーランドでポケットWi-Fiを買ってしまおう」というお話しです。

どこでも使えるポケットWi-Fiを買っちゃおう

Tongariro Alpine Crossing

ニュージーランドのポケットWi-Fiを買っちゃおう!なんて書くと、何万円もの出費になってしまうように思う方がいるかもしれませんね。でも、そんなことはありません。数千円で旅のあいだ安心してインターネットができるようになります。

日本のような煩わしい契約もなく、旅の期間だけ使って使い終わったら旅の思い出として日本に持ち帰ることができます。

スポンサーリンク

ニュージーランドの携帯通信会社は主に4社です。Vodafone、Spark、2 Degrees, Skinny Mobileです。
そのうちSkinny Mobile以外の3社でポケットWi-Fiを販売しています。

ポケットWi-Fiの値段はVodafoneとSparkは同じ値段で79ドルで500MBのデータ通信が含まれています。2 Degreesの場合は99ドルで2GBのデータ通信が含まれます。

79ドルと言えば、1ドル82円で計算してだいたい6,500円、99ドルは8,200円くらいですね。

もちろんそれぞれ容量を追加で買うこともできるので、データを使い切ったらデータだけ買い足せばOKです。追加のデータは目安でだいたい1GBが20-30ドルくらい(1600円から2500円くらい)です。

移動中はポケットWiFi。宿では宿泊先のWiFi

Mt Maunganui- To the top of the Mount

ニュージーランドは比較的モバイルの通信費が高めです。
そのためポケットWi-Fiの500MBではあっと言う間に使いきってしまうかもしれません。データは追加すれば良いのかもしれないんですけど、やっぱり無駄な出費は避けたい気持ちもわかります。

その場合は、宿泊先では宿泊先のWi-Fiを使うことをオススメします。
宿泊先で通信費が高いのはホテルです。特にオークランドは高めです。最近のモーテルは容量は大きくなくてもWi-Fiが無料で付いてくるところも多いので受付で聞いてみましょう。

ポケットWi-Fiオススメです

ポケットWi-Fi。我が家では前職からウェリントンに越してきて、家が決まるまでのあいだ大活躍でした。

Wi-FiなのでパソコンもiPadも繋がるし、携帯圏内のところであればネット環境になります。旅行に行ったときも宿泊先のWi-Fiが無料なんですけどものすごく遅かったので自分たちのポケットWi-Fiが重宝しました。

ポケットWi-Fiは4ー5日のニュージーランド旅行でもあったら便利なんですけど、1ー2週間の旅行だったら絶対買っておいて損はありませんよ!VodafoneとSparkは街中だったらどこでもショップがありますので、興味がある人は立ち寄ってみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS