住んでいるところ別:ニュージーランドに行くベストな方法

スポンサーリンク

ニュージーランドに行くときどの航空会社を使って行くのがいいでしょうか。

金額、直行便/経由便、経由する都市、機内サービス、評判などなど選ぶ基準はいろいろありますね。

金額はその時その時でスペシャルが出ていることがあるので、一概に「ここが安い」とは言えないのが正直なところです。格安航空会社のジェットスターが常に最安値というわけではありません。

今回は住んでいるところによって選ぶ航空会社は違うかもしれませんよ。というお話しです。

DGJ_0102 - Sunset in the air
© Dennis Jarvis

日本-ニュージーランド間で運行している航空会社

まず日本とニュージーランドを「乗り換え1回」で結んでいる航空会社をリストアップしました。
「乗り換え2回」を含めてしまうと、相当ムチャクチャなルートも組めてしまうので、ここでは紹介していません。

最寄りの空港が成田空港の方の場合

Queuing for the security check, Terminal 2, Narita
© David McKelvey

成田空港が最寄りの空港の方の場合、わりと話はシンプルです。
「安さ」にこだわるのであれば、上で紹介した航空会社を片っ端から見て最安値を探し出すだけです。

もし「利便性」や「サービスの良さ」「移動時間の短さ」を選ぶのであれば、ニュージーランド航空一択だと思います。

料金的には経由便だからといって安いわけでも、直行便だからといって高いわけではありません。こればかりはその時にどこがセールをやっているか次第だと思います。

最寄りの空港が成田空港でない場合

ニュージーランド航空が直行便といっても、それは「成田ーオークランド」の間だけで、成田空港が最寄りの空港でない人の場合、ニュージーランド直行便はありません。

その時にどうやってニュージーランドに行くのか一番良いでしょう。

成田空港経由で行く方法

1つは最寄りの空港から成田空港まで国内線で飛んで、そこからオークランドに飛ぶ方法です。この時直行便を使えば「地元の空港→成田空港→オークランド」で乗り換えは1回です。もし経由便にしたら更に乗り換えが増えて2回になります。

成田空港を使わずに行く方法

Incheon International Airport
© Tzuhsun Hsu

例えば大韓航空の場合、乗り換えはインチョンです。
インチョン空港へは大阪や名古屋、岡山、新潟、福岡からは定期的に飛行機が出ています。そのため「新潟→インチョン→オークランド」と乗り換え1回で行くことができます。

成田空港での乗り継ぎと回数は同じなんですけど、韓国の空港でちょっとだけ韓国を味わうのも有りですね。

これは大韓航空に限らず、ニュージーランド航空も成田乗り換えではなく上海乗り換えで同じことができます。もちろん他の航空会社もシンガポールやシドニーで1回乗り換えていくことができます。

航空会社によっては「ストップオーバー」をして、途中下車のような感じでその国を楽しむことができます。以前一度だけ大韓航空を使ったときは、韓国のソウルの街に出て観光したことがあります。

ハワイアン航空を使えば、途中でハワイを楽しむことだってできます。日程に余裕があるなら、相当楽しめそうですね。

個人的にはやっぱり

ZK-NZF Air New Zealand Boeing 787-9 Dreamliner - C/N 34335 / LN 213
© Woodys Aeroimages

個人的にはやっぱりニュージーランド航空がオススメです。
なんといってもサービスがいいし、機体もボーイング787-9という最新の機体で、機内の環境も一番良い状態です。

せっかく飛行機の中で往復で20時間以上も過ごすわけなので設備やサービスが良いというのはけっこう大切な要素だと思うからです。

とは言え、成田空港経由以外でもニュージーランドに来る方法はあるわけなので、その辺に囚われずに金額的に、また利便性なども考えて航空会社を選んでみてはいかがでしょうか。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS