年末旅行予定の人に朗報!?NZ国内の移動がもっと安く便利に

スポンサーリンク

今年の年末以降にニュージーランドを旅行しようとしている人に朗報かもしれないニュースが入ってきました。

現在、ニュージーランド国内を飛行機で移動しようとした場合、北島はオークランド、ウェリントン、南島はクライストチャーチ、ダニーデン、クイーンズタウン以外の都市へ飛行機で行こうと思うとニュージーランド航空以外の選択肢はありませんでした。

つまり移動する日や移動方法を変えられない場合は言い値で航空券を買うしかなかったんですね。しかも、上記5つの都市以外は安いチケットが出にくいので比較的割高感がありました。

ところが年末にその状態が崩れてニュージーランド国内の移動がもっと便利に、もっと安くなるかもしれません。

ジェットスターの渡航都市拡大へ

IMG_5702
© James H

ジェットスターはニュージーランド国内での運行を2009年にスタートさせました。

運行する都市はオークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、ダニーデン、クイーンズタウンの5つの都市しかありませんでした。

ところが今日、ジェットスターはニュージーランド国内で4都市追加することを発表しました。今の段階では具体的にどの都市になるか決まっていないそうです。

候補として挙がっている都市はハミルトン、ロトルア、ニュープリマス、ネイピア、パーマストンノース、それと南島のネルソンとインバーカーギルです。

近日中にこれらの都市のなかから、どの4つの都市になるか決まって、さらに運行が始まるのは12月を予定しています。

ジェットスターのAlan Joyce曰く、6年前の2009年にジェットスターの運行がニュージーランド国内で始まってから、ジェットスターとニュージーランド航空の両方が飛んでいる地域の航空券は一気に値下がりしたそうです。

それと同じ事が今回4都市加わることで起こるはずだと述べています。

選択肢が増えるのはすごく良いこと

PICT2851
© Connor Walsh

ジェットスターといえば、格安のイメージがあると思います。
でも、実際のところは例えばウェリントンからオークランドに飛ぶとき、ジェットスターの方が安いときもあれば、Air New Zealandのほうが安いことも多いです。

それとジェットスターは便数が少ないので、いろいろな条件を加味して結局Air New Zealandが少し割高でも選ぶこともあります。逆に多少高くても時間の関係でジェットスターを選ぶこともありました。

とにかく観光客だけでなく、ニュージーランドに住んでいる人たちに選択肢が増えるのは良いことですね。

ハミルトン、ロトルアはオークランドからの車の移動時間を考えたら飛ばなくても良いのかも?と思ったりします。

でも、個人的にはネルソンに行ってくれたら嬉しいです。
ネルソンは気候も良くて好きな街の1つだし、それにエイベル・タズマンの方へも行きやすくなります。それに意外と車では行きにくい場所なので2つの航空会社が乗り入れればずっと行きやすくなるはずです。

12月以降旅行の人は続報を要チェックです

12月以降ニュージーランド国内を飛行機で移動したいと思っていた方は、まだチケットを買わずに様子を見た方がいいかもしれませんね。

時々ジェットスターのページを見てみると都市が追加されているかもしれませんよ。

Jet Star New Zealand

結果、行きたいと思っていた都市にジェットスターが就航しなくても、いろいろな要素で価格が変わるかもしれません。もし行こうと思っていた都市にジェットスターが来たら、値段が変わるのは必至です。

日刊ニュージーランドライフでは、情報が確定したらまた改めて続報をお届けしますので、その続報をお待ちください!

Regional shake-up: Jetstar to break Air New Zealand’s domestic stranglehold – Business – NZ Herald News

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS