世界的なビールの大会でニュージービールが受賞!

スポンサーリンク

今日はニュージーランドのビール好きや、これからニュージーランドに行きたいと思っているビール好きには見逃せない情報です。

先日、オーストラリアで開催された美味しいビールを決める世界的な大会でニュージーランドのビールが多数入選・受賞しました!

そこで今日はそんな入選したーニュージーランドのビールを紹介していきたいと思います。

Australian International Beer Awards

Australian International Beer Awardsの原型となるものが1992年から、そして今の世界的なものに1995年から行われています。開催地はオーストラリアのメルボルンです。

今年2015年の大会では35カ国、344のビール工場から1732種類のビールが出店され、その中から28の賞と総合優勝が選ばれました。

インターナショナルビール1位:Speight’s 5 Malt Old Dark

Speight’s 5 Malt Old Darkはインターナショナルビール部門でチャンピオンに選ばれました。

Speight\'s old malt

スーパーでよく売っているSpeithgt’sには高級版が幾つかあります。
そのうちの1つがこのSpeight’s 5 Malt Old Darkです。

またこのSpeight’s 5 Malt Old Darkはアンバーエール/ダークエールの部門でも1位に輝いています。

スポンサーリンク

たいていのスーパーで販売されていて、一般的なSpeight’sが24本入りで30-35ドルなのに対して、この受賞したビールSpeight’s 5 Malt Old Darkは12本入りで26-28ドルくらいします。値段で言うと1.5倍くらいしますけど飲んでみる価値有りです。

ウェブサイト:Speight's 5 Malt Old Dark
※ビールの情報を見る前に年齢を入れる画面が表示されます。

スタウトビール1位:Monteith’s Velvet Stout

monteith\'s Stout

大麦を使ったスタウトビールの1位に輝いたのはニュージーランドの南島Grreymouthに拠点を置くビール工場Monthieth’sのVelvet Stoutです。

Countdownなどのスーパーマーケットで買うことができ、500mlのボトルで1本6ドルちょっとです。

ウェブサイト:Monteith's Beer and Cider
※ビールの情報を見る前に年齢を入れる画面が表示されます。

ParrotDog Brewing

parrotdog

規模が小さいビール工場のなかで1位に選ばれたのがウェリントンを拠点にするビール工場のParrotDog Brewingです。

ここはウェリントンの街中にあり、旅行者も直接ビール工場へ行くことができます。
もちろんスーパーでも販売されているのでお土産にするには良いと思います。ちなみに地ビールなので値段は少し高めでスーパーで買うと1本5-6ドルすると思います。

ウェブサイト:http://parrotdog.co.nz/
住所:29 Vivian Street, Te Aro, Wellington

旅行の際はぜひスーパーの地ビールコーナーへ

日刊ニュージーランドライフでも何度か紹介していますが、とにかくニュージーランドはここ数年地ビールがどんどん増えています。
また小さな地ビールの工場に資本が入ったり、これからも地ビールがどんどん増えていく可能性があります。

とは言え、TuiやSpeightsと言った1本2ドルしない安いビールと比べてニュージーランドで生活している人にはそう気軽に毎日何本も飲めるような値段でないのも現実です。

自分たちは奥さんが妊婦さんになったりで最近はお酒から遠ざかっていますけど、Speights’の5 Malt Old Darkは安い時を狙って買って週末とかちょっと頑張った日に飲んでいました。自分自身、1本5-6ドル(450円から550円)のビールを毎日飲むなんてとても無理です。

でも、旅行中にバーで1杯5-6ドル、高いと10ドル弱出してグラス1杯飲むよりは、スーパーでボトルを買った方が断然安いし、美味しければ数本日本にお土産で持って帰るのもけっこうありだと思います。

PAK’nSAVにはあまり売っていないかもしれませんけど、New Worldとか少し高級なスーパーに行くと10種類以上、お店の規模によっては何十種類も地ビールを取り扱っているので、ある種のアクティビティー感覚でスーパーマーケットに足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS