インターネットを使ってニュージーランド英語に慣れよう

スポンサーリンク

ニュージーランドに留学、ワーホリ、就職などの渡航前と言えば、不安になってくるのが「英語大丈夫かな?」ではないでしょうか。
それとニュージーランドに住んでいた人で、日本に帰ってからニュージーランドの英語を聞くと何となくホッとしたりする人が多いみたいです。

日本に住んでいると日常でニュージーランドの英語を耳にすることはほとんどありません。
あるとすればニュージーランド出身の人と出会ったときくらいですね。日本のテレビで流れる英語はほとんどがアメリカ英語とか、もっとアメリカ訛りを抜いたクセのない英語ばかりです。

でも、そういう英語を聞き慣れてニュージーランドに渡航すると入国審査あたりからニュージーランド英語が聞き取れなくて「え?え?」ってなります。

そんなことにならないように日本に居ながらにしてニュージーランドの英語に慣れておきましょう。

ニュージーランドのテレビを見よう

Old TV digital picture Frame

無料で楽しくニュージーランド英語に耳を慣らすには、テレビ番組が良いかもしれません。
もちろんテレビを見るだけでは英語の勉強にはならないんですけど、「耳を慣らす」という意味ではニュージーランドで製作された番組を見ておくと、徐々に耳が慣れてきます。

自分たち夫婦がすごく好きで見ていたのは「Masterchef New Zealand」という番組です。
これは予選を勝ち抜いた料理好きな素人さんが、何ヶ月にもわたって合宿生活をしながら勝ち抜いていくというものです。もともとアメリカの番組で、ニュージーランドだけでなくオーストラリアや英語圏以外の国でも製作されています。

そのMasterchef New Zealandはインターネットで見ることができます。
最新作はネットに全話上がっていなかったんですけど、その前のシーズン4と、シーズン3はインターネットで見ることができます。

スポンサーリンク

どちらも全27回で1回45分くらいあります。
1話目を見終わると「次はこれ」と出てくるので次の回を探さなくて良いのも便利です。
料理好きでない人もそれなりに楽しめるし、料理が好きな人は特に料理系の英語を学べるのですごく興味深いと思います。

他にはニュージーランドで一番長くやっているドラマ「Shortland street」もニュージーランド英語満載です。
ただこの番組は1992年からずーっと放送されているドラマで回が5500回を越えています。そのため1話目から見ることはできません。

とりあえず2014年10月に放送された5600回目の話のリンクを貼っておきます。
Shortland Street | Episode 5600

Shortland Streetはホームステイ先のちょっと年配のお母さんとかけっこう好きで見てたりします。
ホームステイを予定している人は何回か分だけ見ておくと、ホームステイ先でShortland Streetの話ができるかもしれませんね。

ラジオでニュージーランド英語を聞き慣れよう

Dad's Radio
© Alan Levine

世界中のラジオを聴くことができるTuneInと言うウェブサイト/アプリがあります。

自分たちは仕事中、音楽を流しています。
ときどき「たまにはラジオを聞こうか」と思ったときは、このTuneInの出番です。ニュージーランドの主要ラジオ局はほどんどこのアプリで聞くことができます。

ジャンルごとに「ニュース」とかで選べたり、オークランドやクライストチャーチ、ロトルアといった地域ごとのラジオ局を探すことができます。

ラジオを聴いていて、The WarehouseとかBriscoesのCMを日本で聞くのはすごく不思議な感覚ですよ。

聞きたい端末で「TuneIn」にアクセスすれば、アプリのダウンロードもできます。パソコンで見ている場合は、そのままラジオ局を探すことが出来ます
このウェブサイト/アプリはニュージーランドに限らず世界中のラジオ局が登録されているので、イギリス英語を聞きたいときや、ちょっとニューオリンズあたりの英語を聞いてみたいなーと思ったらすぐに聞くことができるのがすごいです。

オンライン英会話で学ぶ

Victorian Classroom at MOTAT, Auckland, New Zealand
© Paul Kentish

以前、オークランドで日本人が運営するオンライン英会話スクールを紹介したことがあります。
主に子ども向けの英会話スクールとしてスタートしたその学校が、今度は大人向けに英会話スクールを開設しました。

授業料はフィリピン系の激安オンラインスクールと比べたら決して安くありません。
でも、これからニュージーランドに行きたいと思っている人に取って、ニュージーランド英語を学べるのは最初に良いスタートダッシュを切るという意味では効果的だと思います。

ちなみにその学校はELO (English Learning Online)と言います。興味がある方は一度見てみてください。

それかここ以外でもオンライン英会話スクールでニュージーランドの先生がいるところもゼロではないので、探してみるのも良いかもしれませんね。

どうせ勉強するならニュージーランド英語を学ぼう

ニュージーランドに来たいと思っている人は、どうせ同じ勉強をするならニュージーランド英語を勉強しましょう。
もちろんアメリカ英語を勉強しても、こっちに来て通じます。カフェでコーヒーを持ち帰りたいとき”take away”ではなく”take out”、9時15分を”quarter past nine”ではなく”nine fifteen”と言っても通じます。

でも、どうせならニュージーランド英語を身につけて置いた方が、こっちに来てからの戸惑いが少ないと思いますよ。

個人的には英語関係無しでもMasterchef New Zealandはこっちに来て大好きになった番組なので、ぜひ一度見てもらえたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS