ニュージーランドの医療費が無料って本当?

時々「ニュージーランドは医療が無料」と書いてあるのを見かけます。
でも、本当のところは「Yes」であり、「No」なんです。

先日、病院に花粉症の薬をもらいに、それと予防接種をしてもらいに病院に行ってきて、そういえばそのことを書いていないなと思い出しました。

そこで今回はそんなニュージーランドの医療費について紹介します。
これからニュージーランドで働きたいと思っている人、移住したいと思っている人、学生として留学する人、ワーホリで滞在を見当している人は必見ですよ。

ニュージーランドの医療システムの流れ

まず始めに簡単にニュージーランドの医療システムについて触れておこうと思います。

ニュージーランドではまずかかりつけの医者を決めなければいけません。
このかかりつけの医者をGP(General Practitionerの略)と呼んで、虫歯など歯に関することと急病以外の医療はすべて最初に診せにいきます。

Wellington Hospital

とにかくGPに行けば良いと言うのは楽と言えば楽だし、日本人の感覚からすると微妙と言えば微妙です。
例えば日本だったら、花粉症はこの耳鼻科の先生が◯◯の治療をしてくれるから行きたいとか、そういう基準で選ぶことができますね。ところがニュージーランドの場合「あのGPは評判がいい」とかあっても、どのGPも専門性は特にありません。

専門の医者は公立病院にいるんですけど、公立病院はGPの紹介状がなければ行っても門前払いされてしまうんです。公立病院で診てもらうのは、救急車で運び込まれたときやGPでは手に負えない病気にかかったとき、もしくはGPでは行えない検査が必要なときなどです。

またGPに紹介状を書いてもらえたとしても、すぐに診てもらうことはできず、長蛇の列の一番後ろに並ばなければなりません。もちろん緊急の場合は、優先順位が高いのですぐに診てもらえます。順番は自分ではどうにもならないことなんですね。

ニュージーランドの医療システム 何が無料で何が有料?

「医療費無料」と言うのは、すべてにおいてではありません。
公立の病院で診てもらう分は無料です。手術代も薬代も入院費用も、それから出産にかかる費用も無料になります。

ところがGPは公立の病院ではないため、治療費がかかります。
大人はだいたい40-60ドルくらい。子どもは0才から6才未満が無料。6才以上17才未満は国からの補助が出るので安くなります。

ちなみに上でチラッと書いた花粉症の薬をもらうために医者に会ったのと、予防接種2本(インフルエンザと百日咳)打ってもらったので治療費は116ドル(約1万円)でした。

Fidel\'s Coffee

内訳は医者に会うのに41ドル3,600円くらい。予防接種が45ドルと30ドルで7,000円弱です。予防接種に関しては日本の場合自治体によって値段が違うので一概に「安い」「高い」は言いにくいです。

そして奥さんは妊婦さんなので、赤ちゃんにまつわる予防接種と言うことで2本注射を打っても無料でした。無料なら打たないと損ですよね。

でも、医者に会って血圧と身長・体重を計ってもらって、薬代抜きで3,600円は高いような気がします。薬代は目薬と鼻炎の薬90日分で10ドル(900円)なので、そんなに高くないですかね。

ニュージーの医療システム 誰が対象になる?

そんなニュージーランドの医療福祉を受けられるのは以下の人たちです。

  • ニュージーランド国籍の人たち
  • ニュージーランドの永住権を持っている人たち
  • 連続して2年以上のワークビザを持っている人たち

つまり旅行者や留学生、2年未満のワークビザを持っている人はこの公立の病院の医療福祉を受けることができません。GPに関しては割高になりますけど、行けばちゃんと診てくれます。

ちなみにこれは「病気」に関してです。
怪我に関してはACCと言う別のシステムがあるおかげで国籍を問わず、旅行者でも無料で治療を受けることができます。ただこれも薬代とか細かいお金は取られるので完全無料というわけではありません。

sunset in wellington

ビザの種類によっては保険に入っておきましょう

ニュージーランドに旅行や留学、ワーホリ、2年未満のワークビザで滞在する人は保険に入っておいた方が得策っぽいですね。

保険の種類によっては「医療通訳」が付いてくるものもあるので、英語で治療を受けるのが心配な人にとっては外せません。保険は日本の会社のものを使うこともできますし、ニュージーランド国内にも上記の人たちを対象にした保険があって、日本で加入するよりは断然安い値段で保険に入ることができます。

ただ保険はあくまでも保険なので、何も使わないで帰国する人も多いです。実際、自分自身保険に入っていた時期もありましたけど、結局一回もその保険のお世話にはなりませんでした。
それでも「安心」を買うという意味では入っておいて損はないですね。

あとは永住権取得者や2年以上のワークビザを持っている人も、年齢や病院にかかる頻度を考えて医療保険に入った方が良い人もいます。自分たちは今のところそういった保険会社の医療保険には入っていませんけど、将来的には考えた方が良いんだろうなぁと思ったりしています。

一番良いのは病院にかからない健康な体なんですけどね。でもいざという時のことを考えておきましょう!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS