ニュージーランド南島カイコウラ近くでM6.2の地震(大きな被害無し)

スポンサーリンク

一昨日、ニュージーランドの北島と南島のあいだの海域でマグニチュード5.2の地震がありました。
幸い津波もなく、海域であったことから被害の報告はほとんどありませんでした。

そして今日午後3時37分に、一昨日地震があった場所から南西に100キロほど下った山岳地帯でマグニチュード6.2の地震が起こりました。

先にお知らせしておくと、この地震によって怪我人が出たり、建物が大きく損壊することはありませんでした。

今回はそんな今回の地震についてもう少し掘り下げて紹介して行きたいと思います。

広範囲で揺れを観測

今日の地震が起こったのは午後3時半過ぎでした。

震源地はここです。

揺れは広範囲で観測されて北はオークランド、南はダニーデンでも観測されました。ウェリントンにいた自分たちは人と会ってカフェへ向かって歩いている最中だったため、まったく気が付きませんでした。

でも、逆を言えば「歩いていたら気が付かないくらい」の揺れと言うことですね。
クライストチャーチの地震のときは本震のときは歩けないほど揺れて、余震でも歩いていて気が付くほどの揺れでした。

スポンサーリンク

震源地にもっとも近い(約40キロ)セント・アーノードと言う村では、お店のお酒などが棚から落ちる被害があったそうです。また次に震源から近い街カイコウラ(60キロ)にあるスーパーマーケットのNew Worldは地震の後すぐにお客さんを避難させて、そのあとすぐにお店を閉店しました。
店内の安全の確認と清掃が終わり次第オープンするとアナウンスが出たそうです。

地震による影響で道路が封鎖されるなどの影響は出ていませんが、ピクトンとクライストチャーチ、それとクライストチャーチとアーサーズパスを結ぶ電車は安全の確認が取れるまで運休になっています。

マグニチュード6.2の地震のあとは、特に頻繁に余震が起こったりしていません。

ニュージーランドは最近地震が多いです

冒頭でも書いたとおり、一昨日ウェリントンとブレナムのあいだの海域でマグニチュード5.2の地震がありました。
その10日前にはギズボーンから北に90キロほどのところで震度4.6の地震が起こったばかりです。

アメジスト・エンジェル

ちなみにニュージーランドも日本と同じ地震大国で環太平洋火山帯の上にあります。
そのため、先月(2015年3月)だけでも大小合わせて1,800回の地震が起こっています。震度4以上だけでも全部で37回ありました。これが去年2014年1年間になると20,000回、そのうち9回がマグニチュード6以上でした。

今回起こった地震も去年で言うところの「特に被害のなかったマグニチュード6以上の地震」と同じで、さらに大きな地震の予兆とかでないとことを祈るばかりです。

最近、チリでも火山が噴火したり地面の中が活発なので、日本にも連鎖しないで欲しいですね。

今後、今回の地震やそれに続く地震があった場合は情報をアップデートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS