ニュージーランド 冬の運転で知っておきたい4つのこと

スポンサーリンク

日本と季節が反対のニュージーランドは、これから冬に向かっていきます。
ニュージーランドを旅行する人の中には自分でレンタカーを借りて運転する人もいると思います。

ニュージーランドは右ハンドル左車線で、車の交通ルールや標識も日本とほぼ同じか似ていて意味がわかるのは良いんですけど、慣れない国で雪に降られるとちょっと困ったことになりますね。

そこで今回はニュージーランドの冬場、運転するのに知っておきたい4つのことを紹介します。

01:旅行先で雪の心配があるかどうか知っておこう

ニュージーランドは北島ではほとんど雪が降ることがありません。
降ったとしても割とすぐに溶けてしまうので、そんなに心配する必要はありません。北島ならトンガリロ国立公園にWhakapapa Skifieldと言うスキー場があるので、その辺りに行く人以外は大丈夫です。

Whakapapa Skifield

この写真は9月末なのでもっと早い時期はもっと雪が積もっているはずです。

南島の場合、場所によって雪が降ります。
特に標高が高い峠(Lewis Pass, Arthurs Pass)は冬場になると積雪で道が閉じることが年に何度かあります。以前の職場Maruia SpringsはLewis Passのど真ん中にあったため、道が閉じるのを何度となく経験してきました。

あとは目安としてクライストチャーチより南を旅行する場合は気を付けることをオススメします。

02:冬のあいだは天気予報をチェック!

当たり前なんですけど、冬のあいだ、特に6月下旬から9月上旬くらいに車で旅行をする人は天気予報と道路状況をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ニュージーランドの天気予報は日本ほど細かい場所ごとに出てきません。
と言うのも、日本みたいに人口が多くないので小さな街の天気予報までは教えてくれないんです。

なので2つの天気予報を見ることをオススメします。
どちらもニュージーランドの気象庁MetServiceが出しているもので、1つは都市ごとの天気予報。もう一つは全国の雨の予報です。

街ごとの天気は向こう10日間の天気予報とその日と翌日の降水量、風の強さなどがわかります。
スクリーンショットで紹介したかったんですけど、割と縦長のページで紹介しずらいのでクイーンズタウンの天気が見れるページのリンクだけ貼っておきます。他の都市もそのリンクから探せます。
Queenstown Weather – NZ Weather Forecast from MetService.com

全国の天気は例えばクイーンズタウンからダニーデンに移動したいとき、以下のようなルートで行くのが比較的近いです。

map-queenstown-dunedin

ところが天気予報はクイーンズタウンとダニーデンの天気は教えてくれても、その間には大きな街がないので天気予報に載っていません。でも、全国の雨の予報ページ3 day Rain Forecastを見れば雪が降りそうかどうか見当を付けられます。

rain-forcast-01

これがその天気の画面です。青や緑、オレンジの場所は雨が降ります。青が降水量が少なくて、黄緑→緑→黄色→オレンジ→赤と雨の量が増えていきます。サーモグラフィーと似た感じなのでわかりやすいですね。

そして紫の線の中が雪が降ってもおかしくない気温のところです。
つまり紫に囲まれていて、雨の色が付いているところは雪が降る可能性が高いということになります。

これで見た感じ、クイーンズタウンとダニーデンを行き来するとき、ちょっとだけ雪の心配をした方が良いかもしれませんね。

03:道路の状況もチェック!

それと道が閉じていたら、そもそも向かっていくことすらできないので道が空いているかどうかもチェックしておきましょう。

道の状況を知ることができるのは以下のサイトです。

これらのページでは、どこの道が閉じているのか、どんな状況なのか教えてくれます。

04:一応チェーンの巻き方を覚えておこう

ニュージーランドでは一般的にスタッドレスタイヤというものは使われていません。
そのため、ノーマルタイヤで走るか、もしくは必要に応じてチェーンを巻く必要があります。もし日本でチェーンを巻いたことがない人は事前にチェーンの巻き方を覚えていくことが無難です。

最近はYoutubeとかでもチェーンの付け方を説明した動画がたくさんあるので勉強しておくに越したことはないですね。

080709-093644
ちなみにニュージーランドは凍結しそうな道ではこんなトラックが走って大量の砂利を撒きます。
それによって、道路が凍結でツルツルになることはあまりありません。もちろん朝、日の出前や日陰の場所は凍結するので注意が必要です。もちろん砂利は砂利で滑るのと、対向車が砂利を跳ねてフロントガラスにヒビが入ることもあるので、これも注意が必要です。

それと上で紹介した道の状況を見れるサイトでも道路の状況は「ノーマルタイヤで走れる」「チェーン必須になる」「道が閉じる」の3パターンしかありません。「チェーン必須」の場所に行くと、そこに人が立っていてチェーンを付けているかどうか確認されます。

無理せず日程に予定をもった旅行をしましょう!

雪で道が閉じるときは、たいてい夕方から夜、そして朝まで閉じてお昼過ぎには道が開くことが多いです。ただ雪の降り方や、被害の大きさによっては開かないことも時々あります。

Maruia Springs in Winter

ニュージーランドの郊外は道が少なく、特に道が閉じやすい山岳部では迂回路がないので、道が閉じたらどうにもならないんです。もう諦めるしかありません。

せっかくの旅行で帰りの飛行機に間に合わない!なんてことが起こらないように無理のない余裕を持った日程を組んで旅行しましょう。そのアクシデントもちょっとしたイベントとして思い出には残りますけど、できれば避けたいですからね。

それかクライストチャーチより南を旅行するときはバスで旅行をするのが無難かもしれませんよ。
不安な雪道の運転をしないで良いのと、バスは装備がしっかりしていたり、状況に合わせて大型バスではなく小型のバンを動員するなどして、道が閉じない限りは多少の遅れがあっても目的地に行ける可能性がありますからね。

今年の冬のニュージーランド旅行の参考にしてもらえたら嬉しいです!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS