自撮りで解決!警察が取った機転が面白い。でも…

スポンサーリンク

今日はニュージーランドの警察がちょっと面白い機転を利かせたことで、なくしたiPhoneが見つかったという話です。

その出来事はダニーデンで起こりました。
ニュースではiPhoneを落とした人が男性なのか女性なのかなどまったく伏せられているので、落とした人を仮にAさんとしましょう。

Aさんはダニーデンの街の中心から10-15分外れたところで開催されていた「Hyde Street Keg Party」というフェスティバルでiPhoneを落としてなくしてしまいました。

このフェスティバルはオタゴ大学の学生が運営したもので、毎年ニュースで話題になるある意味名物です。

いったいどう「名物」なのか?は写真をご覧いただくのがわかりやすいと思います。

どんちゃん騒ぎで有名なお祭り

このHyde Street Keg Party。とにかく大騒ぎになるんです。そのくらい大騒ぎになるのか。以前、Instagramに投稿された写真を見てみましょう。

この状態で落としたものが見つかるとはとても思えませんね。
ところがで、なくなったiPhoneは運がいいことに誰かに拾われ、警察に届けられました。

警察に届けられたiPhoneを手にした警察官は、もちろん「ただ保管しておく」こともできたと思います。ところが、ここで警察官は機転を利かせてちょっと面白いことをやりました。

その警察官が取った行動というのは落とし物として届けられたiPhoneを使って自撮りをしました。

ただ写真を撮っただけでは持ち主には届きませんね。そこで警察が取った行動というのは

Selfie Dunedin Poice

そのままその写真にメッセージを添えて、落とし物のiPhoneを使ってFacebookにアップしたんです。

そうするとどうなるか。
例え落とし主のAさんが気が付かなくても、その友だちが「おい、あいつのタイムラインに警察がなんかアップしてるぞ」と気が付いて、Aさんに連絡を取ってくれると思ったからです。

実際、Aさんは自分のアカウントにアップされた自撮りの写真を見つけて、警察に連絡を取って無事にiPhoneは戻ってきました。

このニュースを受けたFacebookでの反応

このニュースを報じたONE NEWSというニュース番組のFacebookページにはどんどんコメントが付けられています。

“LOL cool story (爆笑!クールな話だ!)”
“Genius (天才)”
“Good sense of humour. it made me laugh(良い笑いのセンス。笑わせてくれた)”

などどのコメントもすごくポジティブでした。
でも、よーーーく考えると、iPhoneがロックされていなかったのは、持ち主の自己責任だとしても、警察が落とし主の携帯電話を勝手に開いて、そのiPhoneで写真を撮ってFacebookにアップしているんですよね。

iPhone 6+ Curved Glass

それってやっちゃいけないことなんじゃ。。。ともちょっと思ってしまいました。
これがたまたま拾った人が自撮りをして、勝手にFacebookに写真をアップしたら、何かしらの罪に問われてもおかしくありません。

でも、そんなことを思いながら、同時にこんなことも思いました。
そこで上がってくる声は警察が勝手にSNSに投稿したことではなく、機転を利かせてなくなったiPhoneを持ち主の元に返したことに目が行くのは国民性の違いなんでしょうね。どっちが良いのか?悪いのか?は良いところもあれば悪いところもあるので一概に言いにくいところですね。

皆さんはどう思いますか?

とにもかくにもiPhone見つかって良かったですね。
iPhoneは値段も値段なので落としたときのショックと、見つかったときの嬉しさはスゴかったでしょうね。

ところで皆さんはこのニュースを読んでどう思いましたか?
「面白い!警察やるじゃん!」と思いましたか?それとも「おいおい警察、それはやっちゃいけないんじゃない?」と思いましたか?

ご意見・ご感想お待ちしています。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS