ニュージーランドで流星群が見える日 2015年版

スポンサーリンク

ニュージーランドと言えば星空が本当にキレイです。
「息を飲むほどキレイ」という言葉がありますけど、初めてニュージーランドで満天の星空を見たときは、まさに息を飲むほどのキレイさに感動したのを今でも覚えています。

そんなニュージーランドで流星群を見たら…
ものすごい数の流れ星が見えるのが簡単に想像できちゃいますね。

今日はテカポにある星空観測のEarth & Skyで星空ツアーをされている角田夏樹(カクダナツキ)さんから「ニュージーランドで2015年に見える流星群」の情報を教えてもらったので紹介したいと思います。

ニュージーランドの流星群はスゴい

日本にいたら、普通の日に流れ星を見ることってあまりありませんね。
ところがニュージーランドなら月明かりがない夜、街から離れて街灯がないところに行けば、比較的いつでも見ることができます。

Night Lights

以前まだMaruia Springsで働いている頃、日本どころかニュージーランドでも取り上げられないような規模の小さい流星群を見に行ったことがありました。

そのときの流れ星の数はスゴかったです。最初は数えていたんですけど、流れ星の数が多すぎて途中で数えるのを止めたほどでした。

Large Magellanic Cloud
© Tom Hall

今年狙い目の流星群は4回来る!

実はひょんなきっかけでテカポのEarth & Skyと言う星空観測ツアーの会社で働いている角田夏樹さんと知り合いました。そこで今回この「ニュージーランドで見られる流星群」のことを教えてもらいました。

スポンサーリンク

やっぱりプロの人に教えてもらうのが間違いないですからね。

今年2015年、月の影響があまりなくちゃんと見えそうな流星群はこの4つです。

期間 ピーク HR
みずがめ座流星群 04月19日〜05月28日 05月05日 60
オリオン座流星群 10月02日〜11月07日 10月21日 20
しし座流星群 11月14日〜11月21日 11月17日 100
ふたご座流星群 12月7日〜12月17日 12月14日 120

流星群が見れる数を表すHR(Hourly Rateの略)を見ると、しし座流星群とふたご座流星群がたくさん見えそうですね。

でも、実際これらの日付けがわかっても、広い空のどの方角、さらに何時頃見たら良いのかさっぱりわかりません。そこで「この日この時間帯に、この方角を見ると良いですよ」と言う情報も紹介します。

みずがめ座流星群
5月5日の早朝3時くらいから北東の地平線に顔を出します。
その後、時間が経つにつれて北の上空に上がっていきます。つまり北東を見ていたら左上に流線群の中心は移動していくと言うことですね。これは他の流星群も同じです。

その日の日の出はウェリントンで7時12分なので、他の都市でもだいたいそのくらいの時間より前の空が明るくなり始める時間まで見れるかもしれませんよ。

オリオン座流星群
ピークの日10月21日の場合、午前2時くらいに北東の空から顔を出します。
オリオン座流星群はオリオン座の真下なので探しやすいですね。その日の日の出はウェリントンで6時21分です。午前2時ころ顔を出した流星群はその後わりと低い位置を北東を方面にして左側に移動していきます。6時の時点でほぼ真北に流星群はいます。

しし座流星群
しし座流星群のピークは11月17日です。
この日、しし座流星群は明け方の4時に北東の空から顔を出します。そして夜明けが5時50分とかなり早いので、その短い間にサッと見るしかありません。5時半の時点でも北東の空から少し上がったところにいます。

ふたご座流星群
ふたご座流星群は12月14日がピークを迎えます。流星群は13日から14日に切り替わる0時ころに北東の地平線から顔を出して、3時にほぼ真北のかなり低いところにいます。この日の日の出は5時40分くらいで、その頃流星群はちょうど北西の空に沈む頃です。

流星群を見るなら北東と北が見渡せる場所がGOOD

今回紹介した流星群はどれも比較的北東から北にかけて低い位置を移動します。
そのため、北東から北にかけて街明かりがあったり、建物・山などがあるとそれらが邪魔をしてせっかくの流星群が見えないかもしれません。

最近はiPhoneやアンドロイドの携帯には方位磁石が付いているので、昼間のうちに方角を確認して、夜どこで見るのが良いか考えておきましょう。
またアプリで星座を探すためのアプリもあるので、そういうものを使ってもう少し正確な情報や別の日にちにどの辺に見えるのかを確認するのもお勧めです。

情報提供:角田夏樹|Earth & Sky

Natsuki-Kakuda
大学在学中にニュージーランドを旅行しテカポに出会う。
天文学を専攻していたことから星空ガイドという仕事に強い興味を持ち、日本で3年働いた後テカポの星空を忘れられず移住を決意。2013年にEarth & Skyに入社、2014年から星空ガイドと平行してNZ・日本共同プロジェクトのMOA Projectの観測員として参画。現在に至る。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS