クイーンズタウンがNY Times”2015年行くべき場所”にランクイン

スポンサーリンク

ニューヨークタイムズといえば、アメリカのニューヨークに本社を置くアメリカで3番目に発行部数が多い新聞です。

そのニューヨークタイムズで”52 Places to Go in 2015 2015年に行くべき場所52選”が紹介され、その中でニュージーランドのクイーンズタウンと日本のある地域が選ばれました。

今日はそんなちょっと嬉しいニュースです。

2015年に行くべき場所52選のトップ10

まずは、「2015年行くべき場所52選」のうちトップ10を紹介しましょう。

  1. ミラノ|イギリス
  2. キューバ
  3. フィラデルフィア|アメリカ
  4. イエローストーン国立公園|アメリカ
  5. エルキ・バレー|チリ
  6. シンガポール
  7. ダーバン|南アフリカ
  8. ボリビア
  9. フェロー諸島
  10. マケドニア

トップ10を見てけっこう「え?どこ?」という場所もあったのではないでしょうか。
個人的に全然知らなかったのは「エルキ・バレー」と「フェロー諸島」です。他も、名前は聞いたことあるけど、どこだかサッパリなところでいっぱいです。

5位のエルキ・バレーは英語で書くとElqui Valley。ここはチリの上の方にある街で、星がキレイに見えるそうです。またワインの産地としても有名らしいです。

それと9位のフェロー諸島はイギリスの上、ノルウェイの左にある諸島で、自治政府によって行政が行われている人口5万人くらいのところです。

クイーンズタウンのことに触れる前に、ニューヨークタイムズが選んだ「2015年に行くべき場所52選」のうち、まず日本の選ばれた地域を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

でも、日本のどこが紹介されたのか考える前にトップ10だけ先に紹介しましょう。
そのトップ10で「日本のどこが選ばれたか」想像できるかもしれませんからね。

さて、これらを踏まえて日本のどの地域が紹介されたのかを考えるのは難しいですね。
日本で選ばれた場所は「四国」でした。順位で言うと35位です。去年、四国88カ所巡りが始まって1200年という記念すべき年だったこと、温泉があることなどが取り上げられていました。

国分寺お遍路さん
© Eiki Yasuda

ではクイーンズタウンは何位?

では、クイーンズタウンは何位にランクインしたのでしょうか。
トップ10に入らなかったことはわかりましたね。

何とクイーンズタウンは52位中53位でした。正確には「読者が選ぶベスト 3月 Reader’s Choice March」に選ばれました。わ、なんか微妙!って思う人もいるかもしれませんね。

でも、個人的には新聞社の記者が選ぶよりも読者の人たちが「良い」と思う場所の方が、一般の人たちが「行ってみたい」「行くべき」と思っている場所に近いはずです。

Freefalling over queenstown
© Liam O'Malley

選ばれた理由は、美しい景色はもちろんバンジージャンプやスカイダイビング、ジェットボートなどのアクティビティーがたくさんあることが「アドベンチャーの首都である」と称されていました。

先日、モノポリーの世界版でもクイーンズタウンが投票で選ばれたり、いろいろなところでクイーンズタウンは注目を浴びているみたいなので嬉しい限りですね。

四国もクイーンズタウンも行きたい!

ニュージーランドは意外とたいていのところに行きました。
でも、何気に日本は行っていないところだらけです。四国も行ったことがありません。ぜひ行きたいなーと思いつつ、結局行けずです。
88カ所巡りをしたり、温泉に入ったり、うどんとか美味しいものを食べたりしたいですね!

クイーンズタウンも7年前に行ったのが最後。
アドベンチャー系のアクティビティーも楽しいし、ワイナリーやトレッキングコースもあるし、周りに少し足を伸ばせばミルフォードサウンドもあるし、クイーンズタウンまでの道中を含めたら本当に見どころ満載です。

日本で旅行をするならぜひ四国に!ニュージーランドを旅行するならクイーンズタウンに行きたいなぁと思ったニュースでした。

ニューヨークタイムズの詳しい情報を見たい方はこちらをどうぞ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS