ワイトモ・ケーブだけじゃない!実は全国で見られる土蛍

スポンサーリンク

ニュージーランドの観光名所の1つにワイトモ・ケーブ(Waitomo Cave)という洞窟があります。
ワイトモケーブは、あの天空の城ラピュタのワンシーンのモデルになったといわれている鍾乳洞です。その洞窟を探検すると、息を飲むような景色を目の当たりにすることができます。

その「息を飲むような景色」というは、暗い洞窟のあるエリアに行くと、天井でまるで星が輝いているように見える景色です。その景色を見たいがために、世界中の旅行者がワイトモ・ケーブを訪れます。

でも知ってました?
実はこの土蛍。ワイトモ・ケーブだけでなく、ニュージーランドの全国で見ることができるんです。

そこで今日はそんなワイトモ・ケーブ以外どこで土蛍を見ることができるのか紹介します。

実は全国どこでも見れる土蛍(Glow worm)

Spellbound

実は土蛍は生息環境さえ合えばニュージーランドのどこでも見ることができます。
どんなところを好むかというと、ジメッとしていて空気の動きがあまりないところです。だからワイトモ・ケーブのような年中ある程度の湿度があって風が吹かない洞窟のなかで見かけるんですね。

ときどきトレッキングコースを歩いていると看板があって、「夜来ると土蛍を見れますよ」と書いてあるところもあります。
現にうちの近所のトレッキングコースにはそういう看板があったり、ウェリントンの中心にあるボタニックガーデンでも土蛍を見ることができました。

Layover

オークランドだと「Totara Park」というところ見ることができるそうです。
他にもShakespearや、Kitekite Trackで見ることができます。またロトルアの周辺だと、ロトルア湖のすぐ横にある湖Rotoitiにもいます。

スポンサーリンク

なので、実は思わぬところで「あ、ここで見れるじゃん」という場所は見つけられるはずです。
細かい土ボタルの生息場所は現地に行って情報を得たり、インターネットでもう少し詳しい情報を得てから行くことをお勧めします。

ところで南島には無料で土蛍を見れるわりと有名な場所があります。それはホキティカ(Hokitika)にあるGlow Worm Dellという場所です。

ここは洞窟というより洞穴みたいなところです。Tripadvisor(トリップアドバイザー)で高評価でした。

ワイトモ・ケーブ以外にもある洞窟ツアー

Blackwater Rafting in Waitomo

ワイトモ・ケーブでは、小舟に乗って土蛍だけを見るツアーと、ウェットスーツを着てゴムチューブを持って洞窟探検をしながら、土蛍を見るツアーもあります。個人的にはこのウェットスーツ&ゴムチューブのツアーを断然お勧めします。

こういったツアーも何もワイトモケーブでなくても参加することができます。

Underworld Adventure
住所:Charleston (GreymouthとWestportのあいだの集落)
ウェブサイト:http://www.caverafting.com/

Te Anau Glowworm Caves
住所:Te Anau
ウェブサイト:http://realjourneys.co.nz

New Zealand South Island Adventure Tours
住所:8 Whall St, Greymouth 7805
ウェブサイト:http://www.fun-nz.com/

Kawaiti Caves
住所:49 Waiomio Road, Waiomio, Northland
ウェブサイト:http://kawiticaves.co.nz/

Glow Worm Tours Dunedin
住所:Dunedin中心地からピックアップ
ウェブサイト:http://www.otagocyclehire.co.nz/

Glow-worm Kayak Tour
住所:36 Taniwha Place, Bethlehem, Tauranga
ウェブサイト:http://www.glowwormkayaking.com/

Native Nature Tours
住所:581 Tipene Road, Motatau, Bay of Islands
ウェブサイト:http://www.nativenaturetours.co.nz/

土蛍を見たい場合はi-SITEに行くのがGOOD

The Deadly Glow

今回ワイトモ・ケーブ以外で土蛍を見れるツアーを7つ、それと漠然とした地名で幾つか無料で土蛍を見れる場所を紹介してきました。

でも、いろいろ調べていくとワイトモ・ケーブの中でもSpellbound Glowworm and Cave Tourの評価が非常に高く、土蛍の生息する数も断然多いみたいなので、ワイトモに行けるならワイトモ・ケーブで見るのが良いのかもしれません。自分自身、ワーキングホリデーの時に2回ほど行ってすごく楽しかったのを今でも覚えています。

ただ日程を考えるとワイトモまで行けないこともあると思います。そんなときは各地のi-SITEに行って「どこでGlow worms見れる?」と聞いてみることをオススメします。無料・有料含めて良いところを教えてくれます。特に無料のところはこういうi-SITEか宿泊先で聞いてみるのが一番です。

ニュージーランドに遊びに来たときはぜひ土蛍(Glow Worms)を見に行ってくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS