美しいロトルアの自然|”マダム優子”のニュージー旅行記 第03話

マダム優子さんのニュージーランド旅行記、3話目です。

今回はロトルアの自然を色々紹介してくれます。
ワーホリ時代にロトルアに住んでいたので何だか懐かしい景色ばかりで、個人的にすごく写真を楽しめました。

ハムラナスプリングス、そしてレッドウッドフォレストは本当にお勧めです。

IMG_1074
今日はこれからロトルアの自然を満喫します。今回は皆さんに、ぜひ水の美しさを堪能していただきたいと思います。

IMG_1076
ニュージーランドの旅で特筆したいのは、川・湖・海。水そのものと水辺の美しさです。

IMG_1115
ハムラナスプリングス森林公園。信じられないほどに澄み切った清流。

IMG_1107
水中にゆらめく水草や川底の石が、まるで水など無いかのように陽に揺らめいています。

IMG_1086
たまたまシーズンオフなのか、いつもそうなのか、誰もいない水辺を散策。

IMG_1084
優雅に水面を滑るように行くブラックスワンや、カモの親子の愛らしさに心がなごみます。清流の中には魚の姿も見ることができます。

IMG_1104
気が付けば、いつしかレッドウッドの森の中へ。高さ50mにもなる巨木の森ですが、柔らかい枯葉に敷き詰められた小径はあくまで優しく、まるで童話の世界の住人になったようです。よく手入れの行き届いた森での森林浴は、まさに最高の贅沢です。

IMG_1130
大満足で宿にもどり、夕食用の食料調達に町に出かけたのですが、どこからともなく漂う硫黄の香りに辺りを見回してみると、水蒸気が立ち上っています。なんと町の中に温泉の湧き出る公園がありました。クイラウ公園。夕食の準備の前にもう一度お散歩です。

IMG_1132
いたるところからお湯が吹き出し、地獄谷のような光景が広がっています。無料の足湯もあり、観光客はもちろん、地元の人たちの憩いの場にもなっているようです。日本の温泉地を彷彿させられます。

IMG_1140
日本のようだなと思っていると、見事な藤棚があり驚きました。

IMG_1135
南半球なので季節は逆ですが、四季があり、植物も同じような種類をよく見かけます。10月は初夏ですので、藤のほかにもシャクナゲやツツジが美しく咲き誇り、まるで日本庭園のようでした。

IMG_1128
ニュージーランド固有種の鳥、プケコもあちこちに出没して、楽しませてくれます。人間を怖がる様子もなく、すぐそばで観察できます。鮮やかな青がとても美しい鳥です。

思いがけず公園の散歩を楽しんだ後、さっそくスーパーへ。今夜もムール貝をたくさん仕入れました。キッチンと食堂が共同のモーテルだったので、同じテーブルになったオランダ人にもムール貝のワイン蒸をおすそ分け。仲良くなって話も弾み、楽しい夕食となりました。

明日は、家族旅行の最終日。ハミルトンからオークランドへ戻ります。

シリーズを通して読んでみたい方はこちらからどうぞ

投稿者:マダム優子


1952年生まれ、ふたご座のAB型。好奇心をエネルギーとし、心のおもむくままどこへでも飛んで行く有閑マダム…ではなく勇敢なマダムです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS