住宅価格の高騰がオークランドの街並を変える!?

ニュージーランドはここ数年、住宅の値段がものすごい勢いで上がっています。
その中でもオークランドは特に酷く、世界でも有数の「住宅が高い都市」と言うあまり嬉しくない評価をされているほどです。

そんなオークランドにはニュージーランドの人口のほぼ1/3の140万人が住んでいます。
そのためオークランドだけが突出して人口密度が高く、そして住宅価格も高いのが現状です。

そんな住宅価格の高騰がオークランドの街並を変えるかもしれません。いったいどういうことなんでしょうか。

とにかく高騰するオークランドの住宅価格

今月3月1日に発表になったニュージーランド全体の平均住宅価格が50万ドル(4,500万円今ちょっと)を越えました。ところがオークランドだけで見ると、さらに1.5倍以上の76.4万ドル(約7,000万弱)もするんです。

しかもビックリするのは2012年と比べると値段は20万ドルもアップしています。
つまり3年間で35%も住宅価格が上がっているということなんですね。

家を持っている人からすれば価値がドンドン上がっているので嬉しい悲鳴かもしれません。

Apartment View
© PressVault.com

でも逆に家を買いたい人に取っては2012年に5,000万円で買えた家を今買おうとすると6,750万円、それか5,000万円で家を買うということは3年前なら3,700万円の価値だった家を買うことになるわけです。ゾッとする値段の上がり方です。

そんな住宅事情を少しでも緩和するようになるかもしれない動きがオークランドで起こり始めています。

マンション・団地がオークランドを変える?

人口140万人のオークランド。
人がとにかく増え続けて家の値段が高騰しているんですけど、人口がニュージーランドの30倍もある日本の都市部に住んでいた人から見たら、「なんか生ぬるい話」に思えます。
まだまだたくさんの一戸建てがあり、土地も余っているからです。

Auckland Harbour Bridge sunrise part 3
© Hugh Baystanley

オークランドの中心地だけで収まりきらなくなった住宅エリアは年々そのエリアを広げています。ところがその結果、街の中心地からは遠くなり通勤時間が長くなってきました。

そこで横に伸びるのではなく縦に伸びる動きが活発化し始めました。
最近オークランドの中心地ではなくオークランド郊外でマンション・団地がちょっとしたブームになりつつあるそうです。

少し前に発売になったPonsonbyに建設中のマンション”Hopetoun Residences”は全部で91世帯、一番安い部屋で1ベッドルーム(1LDK)63平方メートルで52万ドル(4,500万円ちょっと)と言う価格設定で発売されました。一番高い部屋はなんと250万ドル(2億3,000万円弱)もするんですけど、完成の6ヶ月前に完売してしまったそうです。

このマンションを扱った不動産屋のBayleys曰く、通常完成前に完売するのは稀で、一般的には完成時にはまだ20%くらい売れ残っているそうです。

そして昨日発表になったのがニュージーランドで最大世帯数を誇るApartmentです。
Apartmentと言っても日本語のアパートとは違って、完全に高級団地です。

skitched-20150307-192552
© ROSE GARDEN APARTMENTS

上の絵が完成予想図です。
場所はオークランドの街の中心地から北に車で20分ほど行ったところにあるAlbanyと言う地域です。世帯数はなんと800もあります。マンションだけでなくショッピングエリアやビジネスエリアも作られる予定で、さらにその団地から徒歩5分の所にはニュージーランド最大のショッピングモールWestfield Albanyがあるかなりの立地の良さです。

完成は2017年とまだ2年後なんですけど、今後こういったマンションの建設が増えて、街の景観がドンドン変わってくるのでは?というのが専門家の見解でした。

キチンとした都市計画でお願いします

ニュージーランドの家と言えば、平屋で庭や暖炉があって…と言うイメージを持っていると、何だあんまり良いニュースじゃないなぁと思うかもしれませんね。でも、きっとオークランドが大きな都市になればなるほど住宅問題は避けられません。

個人的にはあまり住みたくないですけどね。
でも、どうせマンション・団地を作っていくのであればキチンとした都市計画に基づいて作って欲しいなと思います。
敷地内に緑地があったりするのはもちろんなんですけど、オークランドは渋滞が年々深刻化してきているので、その辺も踏まえて欲しいです。

都市部で生活する人にとって住宅の値段は本当に深刻です。
「家が高いからオークランドに住むの止めて、タウランガに住む」というわけにはなかなかいきませんからね。

これからニュージーランドにワーホリ、留学、永住と考えている方は家賃の高さはけっこう覚悟した方が良いかもしれません。
「絶対オークランド!」と言う人以外は、別の街の家賃も見てから住む場所を考えることをオススメします。平気でオークランド以外に住めば家賃2/3どころか半分になる場合もありますよ。

早くこの住宅バブルが落ち着いてくれることを祈るばかりです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS