利用数半減で郵便配達が週3日に 7月から in ニュージー

一瞬「おいおいだいぶ大胆な決断したね」と思うようなニュースが入ってきました。ニュージーランドは今年7月から普通郵便の配送を週3日に減らすそうです。

このニュース。いろいろ読んでいくと「あ。大丈夫かも」と思える話なんですけど、ニュージーランドの郵便事情とかいろいろわかって興味深かったので記事として紹介することにしました。

激減した郵便の利用数

実はこの「郵便を週3日にしますよ」と言う話は、今になって急に「7月から」と決まったわけではありません。
2年前の2013年に決まっていたことで、2年間掛けて一部の地域で試験的に運用するなどして「週3日にすることで市民に与える影響」などが検証されてきました。

もともとニュージーランドの通常郵便(Standard Mail)は月曜日から土曜日の週6日行われています。配送がないのは日曜日と祝日だけでした。それを週3日にするって「半分」です。かなりの英断な感じがしますよね。

Postbox in Wellington

でも、ニュージーランドの郵便利用数は2002年と比べて半分にまで落ちてしまいました。
数にすると5.3億通あった郵便が2.6億通にまで減ってしまったんです。そうするとその頃と同じ会社の体制で運営していたら、非効率的で利益を出していくのが難しいのはわかりますね。

今後どうなるのか?問題はないのか

今後は月曜日から土曜日のうち一日置きで郵便が届くことになります。
それが「月水金」なのか「火木土」なのかは地域によって変わってくるらしく、この辺はまだ実験的に運用している地域で、影響が少ない方法などを模索していくそうです。

Arthur's Pass Post Office
© Jocelyn Kinghorn

「週3日制」が7月1日から導入されるのは都市部から。その後2年かけて範囲を広げていくことになります。
これを実施したことによって7月1日の時点で職を失う人は300人ほどいて、その後さらに100人の仕事がなくなってしまいます。既にその対象者には声がかかっていて、転職のサポートが行われています。

一見400人と言われても何となく大したことない感じもしますよね。
でも、ニュージーランドは日本と比べて人口が30分の1です。つまり、400人の仕事が無くなるということは、日本で言えば12,000人の職が失われるのと同じくらいのインパクトがあるのと同じってことです。

ニュージーランドの郵便局New Zealand Postのお偉いさんSmoutさんは「この変更によって利用者にとって大きな変化をもたらすことはほぼないと確信している」と述べています。

と言うのも、もともと通常郵便(Standard Mail)は「国内なら3営業日以内に届ける」と言うのがモットーで、この「週3日制」になっても95%の郵便は「3営業日以内」に郵便物が届くそうです。
また、優先的に送る郵便(Priority mail)や宅配便のCourierは今までどおり週6日でやっています。

時代と共に変わる郵便のスタイル

その昔、遠くに住む人とのやり取りや、書類のやりとりは郵便で行われていました。
その時代に「週3日制を導入する」と決まったら大暴動が起こっていたかもしれません。でも、今みたいにインターネットが普及すると「郵送で物を送る」と言うことが激減しますよね。

新聞にも書いてあって納得だったんですけど、ある期日に荷物を届けたければ、もともと「3営業日以内にお届けします」と言う曖昧な普通郵便はあまり使われていませんでした。その代わり優先的に送ってくれるPriority Mailを使ったり、Courierを使っていました。

つまり普通郵便には「3日後くらいに届けばOK」と言うものばかりなんですね。
それが例えば「水曜日に届くはずだったのが、その地域の郵送が火木土だから、木曜日に届いた」となっても問題ないわけです。今後はそれが嫌な人はより確実に届く方法を使っていくしかなくなります。

I blame the post office
© Dvortygirl

実際我が家はウェリントンに越してから届く郵便物はほとんどありません。ポストの中に溜まるのは上の写真みたいなチラシばかりです。インターネット代も電気代も、何もかも利用明細は郵便ではなくPDFだし、日本からの荷物は普通郵便ではなくCourierが運んでいるし、友人からカードが届くことはあっても「この日に絶対届かないと困る」と言うものではありません。

そういうことを考えると「週3日制の郵便にする」と言うのは、日本のように大きな国(船)だと舵を切るのが大変だし大きな変革は起こせなくても、人口たった440万人、人口500万人の福岡県より一回りちょっと小さい国家のニュージーランドだからこそできる決断だったんでしょうね。

個人的には紙で送ってもらうとゴミが増えるし、捨てられない(捨てちゃいけない)ものだと荷物が増えるので、できるだけPDFで送ってもらうようにしています。その方がエコだし、荷物も減るし、送る方だって郵送代かからないのでお財布にだって優しいですからね。

今後、郵便のスタイルはどんどん変わっていくはずです。
「週3日制」が新しいのかどうかはわかりませんが、今後ニュージーランドが時代に先駆けていろんなことをやってくれたらいいなと思いました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS