WellingtonやHamiltonの”ton”っていったい何?海外でよく見る地名の由来

スポンサーリンク

海外の地名ってどこか似た地名が多くないですか?
例えばニュージーランドの首都はWellingtonです。そしてほかにはHamilton、Mastertonと最後に「ton」が付く地名があります。これの「ton」ってどういう意味なんでしょう。

他にも、ワインのサイン地で有名なMarlboroughや、Martinboroughはどちらもboroughという言葉が最後に付きます。今回は主にニュージーランドの地名で見かけるそういった「ton」とか「borough」といった言葉の意味をちょっと調べてみました。

その土地の歴史が見えてくる?

ニュージーランドの多くの地名はマオリ語が使われるか、その土地の特徴、ほかには街を開拓した移民の人たちにちなんだ名前が付けられているそうです。

その街を作るのに貢献した人が町の名前に入ったり、その人がニュージーランドに移り住む前に住んでいた祖国の街や愛した街の名前を付けられることがあります。

Cape Reinga Sign

つまり名前の意味がわかってくると、移住してきた人たちがどんなイメージでそこに移り住んできたのかとか、どんな人が活躍したのかがわかるかもしれないんですね。

では、いろいろな地名に付いてくる言葉の意味をリストにしてみましたのでご覧ください。

意味 地名の例
ash Ash Tree(木の一種) Ashburton
avon Avonhead、Avondale
blen 荒野・丘陵・高原 Blenheim
borough 囲まれた土地 Marlborough、Martinborough
by 入植地・村 Ponsonby
car キャンプ・要塞 Invercargill
dale Silverdale, Rosedale
gill 渓谷 Invercargill
don,den 丘、下り坂 Culverden,
ford 浅瀬 Oxford,Milford
ham 農場 Nottingham, Birmingham
heim Bhenheim
inver,inner 河口 Invercargill
lea,ley,leigh 森林開拓地 Amberley、Ashley
lin,llyn Lincoln
ton 囲まれた土地・農場 Wellington,、Hamilton
wick 湾・入り江 Renwick

このリストを見ていくと「ブレナム Blenheim」とか「インバーカーギル Invercargill」は名前全体の意味がわかってしまいますね。

Lunch at the Brancott Estate

スポンサーリンク

ブレナムはBlen-heimなので「荒野・丘陵・高原」「家」ですね。「高原の家」と言う意味になりますね。

そしてInvercargillはInver-car-gillなので「河口」「キャンプ・要塞」「渓谷」となので「渓谷の河口にある要塞」でしょうか。でも、実際はインバーカーギルの場合は、Inver-Cargillの2つの言葉から出来ていて、Inverは河口、そしてCargillはオタゴ地方の移民で活躍したWilliam Cargillから名前を取っています。

似た感じで当時活躍した名前を取っているのがマーティンボロ MartinboroughでMartin-Boroughの2つの言葉に分かれて1879年にマーティンボロ一体の土地を買って街を作り始めたJohn Martinにちなんで付けられました。

“あ!なるほどね”という地名ありましたか?

このリストを見てもその土地のすべての意味がわかるわけではありません。

でも、「平地だから」とか「河口だから」とか、その土地のちょっとした由来とかがわかったり、何となく少し深く知ることができて親しみが湧いたりしますよね。

ニュージーランドはマオリ系の地名が多いので、このリストを使っても当てはまらない地名が多いのが少し残念なんですけど、他の英語圏の国にもこれらは当てはまることです。

ちょっと知ってる土地の名前とかを思い出して、上のリストに当てはまるものがあるか探してみてください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS