肥満防止!?ニュージーランドで砂糖税導入の動き

ニュージーランドはアメリカ、メキシコに続いて世界で3番目に肥満が多い国です。
もちろん国民の肥満化はニュージーランドで非常に問題視されていて、朝のニュースを見ているとよく話題に取り上げられています。

肥満を解消するには食生活とか運動する習慣を付けるしかないんですけど、それを国民全体で簡単にできるなら誰も苦労なんてしませんよね。
そんな国民の肥満を解消するために、ニュージーランドで砂糖税(Sugar Tax)が導入されるかもしれないと言う話が持ち上がってきています。

そこで今日はそんな肥満と砂糖税の話です。

世界一肥満が多い国になってもおかしくないニュージーランド

冒頭の文章でも触れたとおり、2014年のOECDの調査でニュージーランドは世界で3番目に肥満が多い国に挙げられました。

どのくらいの人が肥満なのかというと31.3%です。ちなみに2位のメキシコは32.4%、1位のアメリカは35.3%も肥満の人がいるんですね。どの国もだいたい3人に1人が肥満と診断されているわけです。

LIAR
© insidous control

この「肥満」と言われる人はBMIと言う数値が30以上の人のことを言います。
具体的に身長と体重で「このくらいの身長でこのくらいの体重だと肥満ですよ」と言う例を上げていくと以下のとおりです。

身長150cm … 68キロ以上
身長160cm … 77キロ以上
身長170cm … 87キロ以上
身長180cm … 97キロ以上

すごい太ってますよね。自分の周りでこのくらい太っている人は4-5人もいないかもしれません。
と言うのは日本は人口の比率で言うと3.6%に当たるそうです。つまり30人に1人ですね。ニュージーランドの10分の1です。

さらに予備軍のBMIが25-30の人たちも入れたらニュージーランドは本当に大変なことになります。

食を強制的に変える効果がある?砂糖税

ニュージーランドに住んでいる人はどう見ても甘いもの、それと脂っぽいものを食べ過ぎです。
スーパーマーケットのジュースコーナーと、お菓子コーナーのポテトチップ系、そして1リットルのアイスクリームの充実さは日本とは比べ物にならないほどです。ちなみに充実と言ってもいろんな種類があるわけではなくて、スーパーマーケットの売り場面積の割合です。

soda pop
© Tharrin

この肥満の増加は今はまだ3位で収まっていますがニュージーランドが世界一の肥満大国になってもおかしくない勢いなんです。というのはアメリカは1位なんですけど、ここ10年肥満人口の割合が増えてはいません。ところがニュージーランドはここ30年くらいの肥満人口増加量で言えば世界一です。

そこでまず白羽の矢が立っているのが「嗜好品」です。
甘いものに対して、Sugar Tax(砂糖税)をかければいいのではないか?と言う話が出てきたわけです。

現在でもノルウェイやメキシコなどで「Soda tax」もしくは「Soft drink tax」と言って甘味料が入った飲み物に対して課税する国や地域があります。肥満が多いメキシコは2013年に導入されて、10%も税金が乗っています。

メキシコでは結果2014年にSoda Taxの導入でジュースの消費が10%減り、税収は10億USドル(約1100-1200億ドル)あったそうです。メキシコは人口1億2千万人、ニュージーランドの約25倍なので単純に計算しても税収は50億円くらい年間で見込めるわけです。

ニュージーランドの場合、具体的な税率や本当に実施するかなどはまだ決まっていませんが、メキシコに習って導入するのでは?と言う風潮があるわけです。今のところ、これで得た税収を肥満の予防や、肥満からくる病気の治療などに当てると言う話になっているそうです。

食文化を変えるのは難しい

今から急にニュージーランド人に健康的な食事をしなさいと言ってもそれは無理な話です。
作る人の考え方を変えるのはもちろん、食べる人もそれを前向きに受け入れて自分からヘルシーなものを食べる食習慣を作らなければなりません。

それだったら税金が高くなるのはあんまり歓迎することではないんですけど、お酒とかタバコなど嗜好品に高い税金がかかっているのと同じで、ジュースやアイスクリームの税金が高くなるのは良いのかもしれないなと個人的には思っています。

カナダに住んでいた時の税金がたしかそうでした。
基本的な食料品はGSTと言う税金が無料で、その代わり同じ食べ物でも嗜好品には税金が乗っていました。
食パンは安くても、クリームパンとかお菓子パンは高かった覚えがあります。

とにかくです。
太り過ぎは気をつけたいですね。自分自身ここ最近ちょっと太り気味なので絞っていかないといけないなーと思いつつ「明日から始める」をずーっと続けている気がします。皆さんも気をつけましょう!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS